毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トロピカル。

d0023418_14193765.jpg

d0023418_141937100.jpg

「今日は少し涼しくて嬉しいね」夏が苦手な私は言う。

「やだ、全然嬉しくない、夏が終わっちゃうみたいでイヤ」と夏女の姉は言う。

そんな姉からの沖縄お土産のトロピカルフルーツ。
(1枚目)
ドラゴンフルーツ
シークァーサー
スターフルーツ

(2枚目)マンゴー

ドラゴンフルーツ&スターフルーツを食べるのは初めて。

サボテン科の果実・ドラゴンフルーツは、名前も見た目もパンチがあるくせに、食べてみるとお味は意外にも、フニャっとボンヤリしている。
ドラゴン、君のパンチそんなものか?夏バテか?…と言いたくなる。(←失礼…ゴメン)

その感覚を例えて言うのなら、
歯を食いしばって受けたアントニオ猪木の平手打ち、意外と痛くなかった…
って感じかな。
(猪木はそんな風に思わせないだろうけど。)

果物は「甘さ」と「酸味」がいいバランスになって、「甘くて美味しい」と感じるそう。ドラゴンフルーツには酸味が一切無いので、酸っぱいシークァーサーを絞ってかけると…不思議と味が浮かび上がってきて美味しくいただけました。

例えて言うのなら、上手に振ってくれる人(シークァーサー)がいて、初めて面白さを発揮できる芸人(ドラゴンフルーツ)のようです。

スターフルーツは梨のようにシャリシャリしている。
1日目に食べた時は、スイカを欲張って、皮ギリギリまで食べちゃったような味だったけど、2日目は甘くなりグー。
1日でこんなに違うとは…。

スターフルーツも人生もベストなタイミングの見極めが難しい。
今日は渋くても、明日に旬が来るかもしれない、皆さん希望を持って生きましょう。

沖縄フルーツ美味でした、アリガトウ☆
[PR]
by hal_musica | 2008-08-22 14:19

花火。

d0023418_19295141.jpg


花火して、しゃかりきに走って、汗だくになって、夜遅くまで深く語り合い。
いい夜でした♪
[PR]
by hal_musica | 2008-08-13 19:34 | LIFE

ぽにょ。

ポニョを見ました。
色々な意見があるようだけど、私は好きな映画。

ツッコミ所は満載だし、イマイチ分からない所もあるし、もう一山欲しい!と思う所も正直あります。

でも、そんな風に深く難しく考えず、おおきな見方で感じ、この映画を観てもらいたいです。
大人のしがらみに縛られお疲れ気味の人も、子供の頃のキモチに戻りたい人も、小さいお子さんをお持ちの人も。心があったかくなれる。

CG無しで手描きのみでかかれた、あたたかみのある美しい絵。
ポニョポニョの可愛い歌。
そして、なにしろ5歳のそうすけクンも、ポニョちゃんもかわいい。
私の生徒に同じくらいの子がいますが、そうすけ&ポニョの仕草や口調は、まさにその世代の子供をうまく表現していて、たまらなく愛おしいのです。

「今忙しいから後でね。」
とか、思わずクスっとしてしまうような、大人びた事言うんですよね。

最近の子供は映画の子よりももっとナマイキですけどね・・・。

とりわけ、私は講師としての貫禄が無いのか、子供達がナマイキにも大人びた事を言ってくれます。。。
かわいいけどね笑。

ある男の子のレッスン中、鼻水が出てたので、
「ティッシュ使う??」って聞いたら、
「先生、そんなのエコじゃねぇーー!!」
と言って、彼は自分のタオルを使用。

6歳なのに、エコを考えるなんて、感心感心。

でもまた出てくる鼻水。
またタオルを取りに行くのがめんどくさくなったみたいで、さりげなく、
私の腕で拭いてきた。

おーぃ、ボーイ!
キミの事、スキだし、エコは非常にいい事だ。

でも、腕はやめよう!先生の腕で鼻水ふくの、やめよう!!!
えっと、、先生ね、夏だからさ、半袖なんだよね。。。

まったく可愛いものです♪


ポニョポニョの歌の替え歌でこんなのあって、姉と大ウケしました。
崖っぷちのエガ
[PR]
by hal_musica | 2008-08-13 19:28 | LIFE

今年もまた・・・・。

ベルギーの、17歳の美少女ヴェロちゃんとバイバイをして、2週間がたつ。
色々大変だったけど、楽しい日々でした。

ヴェロちゃんが我が家を去ってから、急に我が家の庭のセミ達が騒ぎ始めました。
まるで、美少女との別れを悲しむかのように、オスのセミは激しく鳴いています。
(鳴いているのはオスだけです。)
ちょうど7月末から8月中旬くらいがピークです。
まったく、うるさいったらありゃしません。

d0023418_22515695.jpg


でも、毎年毎年こうなので、もうどうでもいいです。
受け入れたわけではないけど、もう慣れました。

鳥のさえずりならぬ、セミの鳴き声で目を覚まし、
朝からテレビは大音量、でも聞き取りにくい。

インターホンに答える声は、外には届かず、何度もピンポンを押される、腹の底から出す大きな声で、父はタクシーの運転手さんに向かって返事をする。

家を出るときには、当たらないように低姿勢、
私はセミよけの為、予め日傘をさして玄関から出ることも稀ではない。

お昼の12時1時は、休憩時間なのか、少しおとなしくなり、僅かな静けさが訪れるも、
午後には、また元気なオス蝉どもが、思い出したように叫ぶ。
ピアノの練習を頑張ってやっていても、ピアニッシモの音はかき消される。

おバカなセミは夜だろうとお構いなしに鳴いている。
そして、朝はまたセミで目覚める・・・・。。。

改めて状況を活字にすると、その酷さにだんだん怒りがこみあげてきますが、もう受け入れるしかありません。来年のセミはもう、地面に埋まっているということですから。。。

ある日、庭に蝶々が優雅にお花の周りを舞っていました。黒アゲハです。
「蝶々はいいよね~綺麗だし、うるさくないし、お花を咲かせるお手伝いをしてくれて・・・」
そう母が言いました。

確かに。
それにひきかえ、セミ共の鳴き声はここまでくると、もはや公害。
お花を咲かせる手伝いをしてくれるわけでもなく、むしろ許可なく樹液を吸い放題!
「樹液ドロボーめ!!!!」
思わず、セミに向かって言ってしまう。

何故だ、彼らは何のために生きるのか、存在理由は・・・・?
ふとそう思ってしまう、、、
いやいや、いけない、それは限りなく人間中心の傲慢な考えだわ。
仮にも、平和主義キャラ(?)の私としたことが・・・・反省。
もう我が家のセミは、忍耐を養う修行だと、そして話題プレゼンターだと思うしかない。

この写真には20匹くらいのセミが見えます、裏にも同じくらいのセミがいます。
勿論もっと上の方にも、それから他の木にも。。。。
そんなにケヤキの樹液が美味しいのか。
カエデならメイプルシロップなのに・・・・。
ケヤキのシロップはあまり聞いた事ないけれど、これだけセミが集まるんだから、美味しいに違いない。
一度抽出してみて、試してみる価値があるかもしれない。
「ちょっと変わったことしてみたい、新しい味を試してみたい!」
そんな素敵なチャレンジャーの方、お待ちしています。
[PR]
by hal_musica | 2008-08-06 23:03 | LIFE
21日。
ヴェロちゃんとたきや漁に挑戦。
「たきや漁」は、約120年の伝統を持つ浜名湖独特の漁法です。春から秋に浜名湖南の水深1メートルの遠浅地帯で行われます。

幼少の頃やったことがあったのですが、全く覚えてないので、ほぼ初挑戦でした。

このような小さな船に船頭さんと、父・姉・HAL・ヴェロが乗船。
d0023418_015317.jpg


この日の船頭さん。
d0023418_0151281.jpg


夕闇と共に舳先に水中灯を灯し、光に集まる魚やカニを、船の上からモリで突いたり、小さな魚を網ですくって捕るという、素朴でありつつもエキサイティングな魚釣りです。
待ってるんではなく、獲りに行く。
d0023418_0152314.jpg

これが難しい!最初は、なかなか獲れなくて。
船頭さんは、さすがカニや魚を次々ゲットしてくれます。
でも、私にはモリが大きすぎてカニ1匹しか獲れず。小物の魚(サヨリなど)を網ですくうのは、意外とうまかったんだけど・・・。目は抜群にいいので、見えはするのですがね・・。
ヴェロちゃんは、さすが若さ。勘がいいのか、結構獲っていました。
でも、よゐこの浜口さんは、凄いんだと実感しました。

うちの親父さんはビールを飲みながら、見ているだけで、ちっとも参加してくれなかったので、女の子チームで、頑張りました。
船頭さんが沢山獲ってくれたのもありますが、今回の収穫はコレ!!!
d0023418_0155383.jpg


ジャーン。船頭さんがモリで捕まえてくれた、黒鯛です!
d0023418_016142.jpg


いかだ船に乗り換え、小さなお魚、カニなどはその場で船頭さんが調理をしてくださいます。
d0023418_0162348.jpg

サヨリの天ぷら、海老(船頭さんからのプレゼント)の天ぷら
d0023418_0164926.jpg


塩ゆでしたカニ
d0023418_0165817.jpg
d0023418_017666.jpg


カニの味噌汁
d0023418_0171597.jpg


美味でした~~~☆☆獲れたてはサイコ---!!!
みんなもくもくと食べていました。浜名湖の自然の豊かさに感謝です。

黒鯛など、大きなお魚類はお土産にいただけました。
d0023418_017434.jpg
d0023418_018457.jpg

母にお刺身やムニエルにしてもらいました。まだまだあるよ~~。

ヴェロちゃんのおかげで、日本や浜松の良さを新たに知るいい機会でした。
この漁は夜なので、日光苦手の私にぴったり!
また機会があれば行きたいです。
[PR]
by hal_musica | 2008-08-02 00:42 | LIFE