毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

初・ジャズセッション。

私の夢、色々ありますが、昨日その中の一つが実現しました。

「ジャズをピアノトリオで弾く事」

今ジャズのアドリブ指導を受けています。
ジャズはまだまだペーペーですが、いつかトリオでできたらいいなぁと思ってたら、思いのほか、早くもそんな機会ができました。

大それたものではなく、たった一曲だけのジャズセッション。
でも、プロのベーシストとドラマーさんが、合わせてくれました。
気持ち良かった☆

でも、楽しむ以前になんとか弾いて終わった感があるかな…。

聞きにきてくれた母の感想は
「真面目って感じの演奏ね」

家に帰って録音聞いたら、確かに!

一言で言うなら…
こじんまり(・ω・:)
綺麗な曲は苦手だし、クラッシックでは決して優等生では無いはず。
しかし、昨日の私のいい子ちゃんぶりといったら…o(><;)o
意外にサラリと弾いてるんだけど、面白みのカケラもなく、ダサーい☆

お酒を飲めない子供が、苦味も何もない甘いだけの「シャンメリー」や「子供も飲めるビール」を飲んでるような…。
なんて言えばいいのかな「健全」。
そうそんな感じ。

私は自分の中ではジャズっぽい曲は得意ではあるし、伴奏付けや即興も割と得意な方、だから、なんとかなるでしょと心のどこかで甘く考えてました…
先生は仏のように優しくて、なんでも褒めてくれるし。

いやー申し訳ございませんm(_ _)m
なんでもそうでしょうけど、一朝一夕ではうまくいかないものですな。
音楽って難しい~。

でもだからいいのだ!新しい目標もできました♪
[PR]
by hal_musica | 2008-04-29 00:29

牡丹

d0023418_20163619.jpg

お庭の牡丹が満開です。
[PR]
by hal_musica | 2008-04-16 20:16

バカポジティブ。

本日は本の紹介。

「バカポジティブ」 関根勤著。
d0023418_0514419.jpg


突然ですが、我が家の家訓は、
「まぁ、いいじゃん」
父の口癖でもあります。
適当一家DNAの娘だから、心ストレスなんて大したことは無いとは思いますが、
その家族の中でも一番クヨクヨタイプなのはこの私と、確信しております。
小心者で、割と気にしいですしね。
(それでも、私の口癖は、どっちでもいいよ・適当にいこう、、ですけど)

最近いらぬことをよく考えていた、そんな私の手元に届いた本。
バカポジティブ。

先月、関根さんとKREVAとの対談をテレビで放送していて、KREVAさんがこの本を推奨していて知りました。
私は「元気出して」系の本は、直球すぎちゃって、あまり好きでは無いんですね。
その辺のコーナーにいるだけで、なんだか人目を気にしちゃう。
(そんな私もPHPは読みますけどね・・・。)
くだらない事に真剣になることも、関根さんのことも大好きな私は、本屋に駆け込み探しました。
しかし、本屋にはハヤリに乗じた○○の品格って本ばかりで、この本はありません。

ま、あってもちょっと買うの恥ずかしいから、カムフラージュの雑誌の下に本命のこの本を隠し、共に買うつもりだったけど。
そんな小心者の私は、「紀香バディ」を買ったときの手法を利用。
ネットです。便利な世の中ですね。

それが1週間前くらい、お肌絶不調☆☆の私に届いたわけです。

やっぱり関根さんは素敵です。関根さんのような人と結婚をしたい。
これは、後ろ向きな現代人のバイブルにもなろうかという本。
この本を必要としている人って多いはず。
物事は考え方・捉え方ですね、改めて思いました。

この本を読んだ私は、憎き「ものもらい」や「肌荒れ」たちを見て、
「意識していなかったけど、私ってけっこうお疲れさんだったのね、キミたちはそのお疲れサインなのか、人間の体って正直だわ、人間って偉い、いいないいな人間っていいな~~」
と思い、原因不明ってわけでもなく、改善不可能というわけでもないから、適切に対処すればよいだけじゃないか~~と楽ーな気持ちになる。

その他のなにかモヤモヤしていた気持ちを受け入れて、前に進めた気分になる。不思議です。
ほんの少しの事なんです。

気になったみなさん、まずは買って読みましょう。
買うのが恥ずかしい場合は、ネットショッピングを利用しましょう。
(但し、本屋で買ったとて、店員はさほど、というか全く気にしたりはしません)
気持ちが後ろむきな時は、難しい本は読んではいけません。

難しいかもしれないけれど、考えすぎちゃう時は、早く寝ましょう。
関根さんの本にも書いてあったけど、ディープな時間はディープでダークな事を考えがちです。

それでも考えちゃって寝れない時は(HALは人生に一度も寝られないという事を経験したことがないのですが・・・)、果てしなくくだらないことを考えましょう。
将来子供を産んだらどんな名前にしようか・・・と妄想したり、明日起きたら紀香さんの体型になってたらとか(と思うと寝ずにはいられないハズ)・・・。

自分の幼少の頃を想像し、自分が生まれてきた奇跡と、ここまで大きくなった(横にではない!)のは、周りの全ての人のおかげなんだという事、自分に親切にしてくれた人のことを思い出し、涙するのもいいでしょう。
その次の日の、目の腫れは、愛情の勲章です。

そういうポジティブシンキングゥです。
ただ、関根さんの本、誤解しないで欲しいのは「適当」という事ではなく、自分を甘やかすという事でもない、努力や向上心は常に必要なのです。

しかし、どーでもいいけど、ものもらい治らない。もう1週間以上になるかな?
ポジティブシンキングしたとしても、憎いものは憎い。
ポジティブにお付き合いして、対処してあげましょう。
[PR]
by hal_musica | 2008-04-12 01:25 | LIFE

毒されて、毒づく。

なんだか、体の中が毒されているらしい、HALです。
出るべきものが出ず、出なくてもいいものが、どんどん出る。
ものもらいとか、吹き出ものとか、痒い湿疹とか、、、、ね。
(何故、わざわざ可愛くないことを書くのか・・私は。)

ちょっと話はそれますが、私は前髪が邪魔そうなボーイズは嫌いです。
ひと時のジャニーズ達がよくやっていて、流行ったのか、若い男の子によく見かけた。
明らかに目にかかる前髪のボーイたち。
それを、しきりに手ではらうのなんて、もってのほか。
その行為は、私から言わせると、無駄以外の何者でもない。
いっそのこと、はらう必要の無い前髪で勝負してもらいたいものである。
(ちびまるこちゃんの花輪くんは例外。彼のように髪をはらう時キラーンという効果音が入りそうな場合に限り、私は認める。)
「邪魔な前髪をわざわざはらう」
そのたったワンアクションの時間も、積もれば大きなもの。
何か他の事ができるはず。
そうね、、例えば
前髪をはらう…と見せかけて、頑張って働いている人々に対して敬礼!
とか、
前髪をはらう…と見せかけて、遠くの方を見る仕草で野鳥観察。
とかそれぐらいやってみたらどうなんだ。
そんな意外性を持つような男の人だったら、私のような女はすぐノックアウトです。
とにかく、
「ものもらいできるから、そんな前髪おやめ!!」
と、髪留めやらを手渡したい、そんな古臭い考えの私です。

そんな私は、前にも言ったように前髪をバッサリ切り、視界良好!
視界良好推進委員として、仮に視界不良どもに注意するにも、説得力のある髪型になったのです。
が、、、
私の髪って栄養満点で、特に前髪はすぐ伸びてしまう。盲点だったのはこういうフルバングは横に分けられず、数週間後には目にかかり、かなり邪魔だったということ。。。。
気づくと、私も手ではらっていたという不覚の事態。
その結果なのかよく分からないけど、
数年ぶりに「ものもらい」になってしまった!!
話を元に戻します。
別に大したことは無いんだけど、
なんだか私の体のあちこちに異変が起きているらしい!!!
よくよく考えると、それらの症状って、全部体や心の「お疲れさん」からくる不安定さからくるもの。
・・・と言ってもですね、至って健全、酒とタバコなんていらないって思う真面目っこだし、
決してハードな生活は送っていないはず。
むしろ、一つお仕事を辞めたから、フリーの時間が増えたはずなのに。
なんてこった!!!!!!(←久々に聞く言葉ですね☆)
心の方はどうかというと・・・これといって大きな悩みは無いかもしれないけど、
最近気づくと、将来の不安を感じずにはいられなくって、いらないことばかり考えたりしている。。

このものもらいや、肌荒れ、その他の症状を見ると、より凹みますな。
仕方無く、薬局でものもらい様の目薬を買いこまめに点眼。
なのに下まぶただけだったのが、今日は上まぶたにも症状が出てしまい、目医者さんに行った。
もう大丈夫、これできっと治るでしょう。

一つ残念だったこと。眼科で視力検査もしてくださったのだけど、1.5までは測ってくれたけど、2.0の所は測ってくれなかったこと。
私には2.0は見えている!!多分。
視力検査は、私の数少ない特技の一つなんだから、思う存分に小さなCの上下左右を指示させてもらいたかったな・・・。

でも、わざわざ看護師さんの仕事を増やしてはいけないし、
それで2.0が見えなかったらそれこそ恥だと受け入れることにしましょう。。。
[PR]
by hal_musica | 2008-04-07 21:51

三年。

昨日、三年間お世話になった所を退職?しました。

大学を出たての私は、知らないことだらけでした。
でした…というか、
今でも、知っていることといえば、世の中のおよそ一匙にも満たない程度のものなのですが、そのことが分かったという感じです。

世の中は、際限なく広い。
音楽も広く深い。
自分はいかに狭い中で生きてるか。
それらを学びました。そして、広く、深いからこそ楽しいんだということも。

一緒に働いていた方にも恵まれ、沢山の優しさをいただき、本当に信頼できる方が沢山できました。

大学卒業後の三年間、私に何が変わったかは分かりません。
認識できることといえば、体や脳の衰えくらいかしら…(笑)。
でもこちらで得たもの、教えていただいたことは確実に私の宝物として残り、これからの私の力となってくれるでしょう。
ありがとうございました。

今日から四月☆
少し気持ちをリセットして、改めて励みたいです。
みなさんの今年度はどんな年になるでしょう…。
[PR]
by hal_musica | 2008-04-01 22:47