毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

かっこいい。

寒いんですけど。。。。

暑い。
と書いた昨日の日記から一転、今日はものすごい寒かった。。。
こんなに変わりやすいと風邪ひきそうですよね、
皆さま、本当にお気をつけくださいませ。

さて、先週の金曜日、
念願のコンドルズのライブを観に、はるばる東京へ行きました。これの為に。

テレビサラリーマン体操で、コンドルズの存在を知り、惚れ、けいちゃんにチケットを取ってもらい、けいちゃんたちと一緒に行くことになりました。

限りなく、かっこいいです、あの方たち。
すごくくだらない所もあるんですが、それが計算されつくしていて、後でつながった時は一種の感動。
面白いし、ダンスは素晴らしいし、芸術的だし。
聞けば皆様けっこうオジサマ!?
でもそんな事微塵も感じさせない。
しかも、コンドルズ以外でもそれぞれ色々な分野で活躍されていらっしゃる。
かっこいいなぁ。
焼津のライブ、行けたら行こうね、PEちゃん。

もう二つ、最近「かっこいいな、この人」と思ったこと。
二人とも、私のピアノの生徒さんなのですが・・・・


生徒「ねぇ、この曲ってどこの国の??」

HAL[ん?アメリカ?そうだよ多分」

生徒「ふーん、でも俺はフランスだと思うな」

HAL「フランス??随分洒落てること言うじゃん」

生徒「洒落てるだろ??」

カッコイイーー!!

因みにその生徒は、5歳(年中さん)。
早熟!!!!
私の「洒落てるじゃん」発言も24歳のくせに古びた発言で、どうかと思いますが、
5歳が「洒落てるだろ?」で返すとはね、キュンとくるじゃないですか♪
ま、どんな大人びていても、彼が弾く曲は「メリーさんの羊」ですけどね。笑。


60歳の男性の生徒さんは、50代でピアノを始めた方ですが、とっても頑張り屋さんで、今ショパンのノクターン1番を一生懸命奮闘中です。

この曲は、左と右の数がどうしても合わず、譜読み段階や、ゆっくり練習する時には、少し混乱しがちな所が沢山あります。

例えば、左手の6つの音に、右手で20の音を乗せていくという箇所がありますが、この方も恐らく、相当に悩まれたのでしょう。

楽譜の端っこに、
20÷6 
の計算式が書かれている。しかも筆算。
割り切れなくて、混乱された様子が窺い知れます。

勿論、無理矢理、計算であてはめるのは不自然ですし、楽譜の隅っちょに筆算を書くのも、正直ナンセンスではあると思います。

しかし、この方の一途な真面目さに、諦めずなんとか曲を弾きたいという一生懸命さに、かっこよさを感じました。
年を重ねて経験豊かな世代になってもなお、挑戦し続けるって、ステキですね。
ですので、筆算については敢えて触れず、他の言い方で弾きやすい弾き方をアドバイスしました。

そんなステキな生徒さんに囲まれ、私も励まされる気持ちです☆☆

あ、もう一人最近の「かっこいい」がいました。
以前行ってた皮膚科が、
女医さんがとても怖く、すぐ怒るし、受付のお姉ちゃんも怖いし、病院も暗いし、「~禁止」って張り紙ばかりで怖いし、かすかに流れるオルゴールサウンドも不気味だし、待合席も雰囲気が凍りつくようなとこだったので、なんとなく病院を変えました。

母の行きつけの整形外科の隣の医院にしたのですが、先生は優しく、院内は明るく、雑誌見放題、テレビも付いている、予約もできるため、いいなぁここって思っていたら、更に、
薬をくれる薬局の薬局長が、とても優しいイケメンだったため、
これからはここにしようと母と即決しました。
結局はイケメンかよ。。。
非常に単純な親子です。
[PR]
by hal_musica | 2007-09-30 00:58 | LIFE

メリハリ。

暑い…。

ラニーニャ現象で、異例の猛暑となった今夏。
もう秋のおとずれを期待したいが、気象庁によると、残暑はまだまだ続く見込み。
本日30度を超した。
秋らしい秋を感じないまま、厳冬に突入する可能性もあるらしい。

気象庁の秋の3カ月予報によると、ラニーニャは冬まで続く見通し。
このため9月は、太平洋高気圧の影響で残暑が尾を引き、9月特有のぐずつく空模様で、蒸し暑く、10月になっても高い気温は続き、初冬ともいえる11月に入ってようやく平年並みに落ち着く見込みだそうだ。

猛暑をもたらしたラニーニャ現象は、冬には寒さを呼び込む。
冷夏や暖冬につながる「エルニーニョ現象」は寒暖のメリハリをなくすのに対して、ラニーニャ現象は、メリハリをつけるのが特徴。
今年については、残暑が長引くと予想されるため、短い秋を満喫する間もなく、厳しい冬を迎える事態も起こりかねないという。

メリハリ!!!???
藤原紀香さんのスタイルじゃあるまいし。

長い猛暑と厳しい冬。そしてわずかばかりの春と秋。
情景豊かな日本の四季は、今後ますます薄れていくことになるやもしれぬ。。。。


メリハリ紀香さんと言えば、、話変わるけど。。。
話題の「紀香バディ!!」って本を買ってしまった。

大学生の時、当時K-1に今以上ハマっていた私は、密かに「次期紀香席を狙う」なんて、馬鹿な事を言っていたものだ。
GP開幕戦を見に行った時、初めて生で近くで紀香さんを見たが、
奇跡、こんな人、日本にいるなんて。眩しい!!!スターってこういうこと言うのか。。。
と、あまりの美しさとオーラに衝撃を受けたものだ。
そして、「紀香席を狙う」なんて、冗談でも愚かなことは、それ以来言わなくなり、
紀香さんを「紀香」などと、呼び捨てするのも、やめた。

趣味が「女磨き」と公言している、彼女。
その紀香さんが、「女磨き」の全てを明かした本を出したという事で、気になって気になって仕方なかったのだが、
何しろ、表紙に「紀香バディ!!」とデカデカ赤字で書いてあり、紀香さんの露出度高いドアップがあるため、買うのは非常に恥ずかしい。
何故もっと買い求めやすいタイトルにしてくれなかったんですか…分かりやすいけどさ…。
帯にも「目覚めよ、女」とか書いてあるもんだから、なおさら。
もし、店員に表紙と購入者をチラっと比較され、鼻で笑われてしまったら・・・

でもそんなの関係ねぇ!!
オッパッピー☆
・・・にはならんね。

分かってます、お近付きになりたいというのが、いかにおこがましい事くらい。
そんなんじゃなくて、私はただ、この本を伝記として読みたいだけなんですよ。
奇跡の人「ヘレンケラー」の伝記を読むのと同じ。
本の方のような涙ぐましい努力はできないにせよ、その人の努力を陰ながら褒めたたえさせていただく。もしくは本から怠惰な自分に少しの戒めを。やましい気持ちも、おこがましい気持ちも一切無い。

ただそれだけの話なのだが、その私の真意が本屋の店員に伝わるものだろうか、いや伝わるまい。
仮に恥ずかしいから、裏にひっくり返し表紙をレジに差し出してみたとしても、
裏表紙にも「愛と熱血の紀香バディ!」と書いてあり、やはり同等に恥ずかしく買う勇気がない。

でも、読みたい。
でも、恥ずかしい。
でも、読みたい!!


そんな臆病者のジレンマを解消してくれるのが、ネットショッピング!

自分はインターネット上で物やお金が行き来してることに対して、あまりいい気持ちはしていなかったが、なるほど非常に便利である。

そしてついに昨日、
本が届いた。

すっごい!!!
このメリハリ。

とにかく「メリハリ」は紀香さんの体型だけにしてもらいたいのである。
皆様、体調管理、お気をつけくださいませ。
[PR]
by hal_musica | 2007-09-29 00:24

夏の終~わ~り。

久々投稿。
もうすぐ秋分の日だっていうのに、なんだか、夏まっさか~り~みたいな写真です。
だいぶ前の話の事だけど残暑続くらしいから、まぁいいか。

この夏、夏らしいことをあまりしていない(日光アレルギーなので太陽は敵でして、あまりする気もないけど・・)の私は、相変わらず気持ち悪いくらい真っ白です。
でも、このままインドアすぎて夏を感じないままだと、
森山直太郎の「夏のお~わ~り~~♪」を口ずさむ資格が、私には無いような気がして、気にかかっていました。
そんな中、8月の終わり、maki・Mrズミー・ユウ君が浜松に来てくれ、いい機会なので夏の最後を楽しみました。
浜松から車をブーンと二時間飛ばし、渥美半島・恋路が浜へ。
「HALの好きな童謡・唱歌ベスト5」に堂々ランクインするであろう「椰子の実」で有名な浜らしい。

d0023418_8223734.jpg


d0023418_8223724.jpg



だからと言って、別に泳ぐわけじゃないけど、
海・ビーサン・入道雲・波と追いかけっこ・焼ける砂浜に側転・
d0023418_8223740.jpg

私にとっては、これで十分夏満喫なわけです!
なんか人生損しているように思えますが、これが私の体の特徴。言ってみれば個性でありますので、仕方ありませんが、十分癒され楽しみました。
これで堂々と「夏のお~わ~り~」が歌える。
バンザーイ。

しかし、なかなか歌わせてくれない、夏の終わり。
気候がそうさせてくれない。
なにしろ、今日も30度越えらしいし。ラニーニャめ。
こうなったら時候の挨拶も、年々変わってくるのではないでしょうか。
さすがにもう夕方になると、鈴虫がけたたたましく(うちのは凄いんです)鳴いているが、
我が家の蝉(注:飼ってません)は、ピーク時の勢いこそないが、今日も朝から鳴いている。
しぶとい。。。。
これから「しぶとい」という漢字を「九月蝉い」と勝手に書くことにします。
[PR]
by hal_musica | 2007-09-20 08:22 | LIFE