毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

11月12日~27日、浜松は浜松国際ピアノコンクールで賑わっていました。

頑張って電話かけまくって、通し券を買って、仕事で結構行けなかったりもしましたが、予選から本選、入賞者コンサートまで観にゆきました。

このコンクールは3年に一回というのもあって、年々と年下の出場者が多くなっている・・・
今回は特に若いピアニストの活躍が目立ちました。

20分、50分、60分のプログラムに加え、コンチェルトを用意するなんて、本当にすごいことです。きっとこれから活躍していくだろう、世界の若者に、ほんと感心しました。
それから、当たり前なんだけど、各作曲家のことを改めていいなーいい曲だなーーって思えた。

でも、いい曲をいい曲に聴かせるのはとても難しいことであると思います。
きっと、こうやって世界で頑張っている子達は、音楽に人生をかけて、作曲家の思いに少しでも近づいてそれを自分なりに表現するために必死になっていると思うし、
私は最近は音楽=楽しむものという感覚ばかりあるけれど、一方彼らの音楽への真剣で誠実な姿勢を近くで見られて感動したのです。

自分のお気に入りの子は、
3位になった、イムテヒョン君という韓国の21歳の男性。
彼はきっとまだ完成ではない気がするけれど、すごくロマンチックで繊細で愛のある演奏で、
心揺れ動いて、どうしても惹かれてしまうのがあります。

あとは3次までで、モーツァルト賞のイムヒョソンさん、同じく韓国25歳の女性。
音が生きているような、音楽があふれ出てくるような、そんな演奏をする表情豊かな方。

同じく3次まで、エフゲーニチェレパノフさん、ロシアの22歳男性。
この人の3次は聴けなかったけど、どうやら体調を崩してしまったそうで、本当に残念。
派手というわけじゃないのに、すごく温かで心ある演奏ですごい素敵な演奏だから、コンチェを聴きたかった。

でした。もちろん他の入賞者素晴らしいんだけど、あくまで私のお気に入りがこの3人。
テヒョン君は本選、ヒョソンさんは2・3次、エフゲーニさんは2次しか聴けなかったのですが、今回インターネットで映像が見れるのは、とても嬉しいです。
でも、きっと生で聴くべきだけど♪

この期間中、思い切り楽しませていただきました。改めて、ピアノは最高!!
私も頑張ろう。
[PR]
by hal_musica | 2006-11-29 21:50 | MUSIC

RENT

久々の更新。

ちょっと前だけど、22~24まで東京に行ってました。
久々に会った友達と沢山話して、癒されました。
かなちゃん、けいちありがとう~~♪

23日はMISAと厚生年金会館へブロードウェイミュージカルの「RENT」を見にゆきました。
このミュージカルあまり知らなかったのですが、たまたまチケットいただいて、見にこれました。
結構ガツーン、ドシーンと来る内容のミュージカル。
それだけにメッセージ性が強く、歌もかなり迫力がありました!!
最後のアンコールでの「SEASON OF LOVE」の熱唱ではみんなスタンディングですごい盛り上がっていました!!この歌は知ってた♪
色々かけ声とか決まっているようだし、熱狂的なファンがいるのだろう。
楽しかったです。

RENT後はMISAとお茶&語り。
ところで、ケーキおいしそうでしょう。
でも一つは仲間はずれ!!どれでしょう!
d0023418_20503571.jpg


正解はちっさいの。
何故かというと、これはケーキではないからです。
これは、プリザーブドフラワーだから☆☆

近くで見てもお花に見えない~~♪
このお花屋さんは、こういうケーキみたいなお花が沢山あって、しかもケーキ屋さんのケースみたいなのに入ってて、すっごいかわいくって一目惚れ!!そしてMISAにプレゼント。
言われなきゃ食べてしまいそうですっっ!!
[PR]
by hal_musica | 2006-11-29 20:50 | LIFE

ツリー。

今日は音楽教室のクリスマスツリーの飾り付けをしました。
もう、そんな季節??
実感沸かないなー、私としてはこれから秋本番という感じなのに。

d0023418_0151134.jpg


事務所のおじ様と一緒に作って、やり始めたら楽しくなって、やたらのっけたら、なんだかキンピカになりました。
50代の生徒さんに「どうですかね~、ギラギラしすぎ??」って聞いたら、
「笑。昔ながらのツリーって感じですよね」
って。
確かに!!でも、ここにあるのでやったらこうなったんだもん。

最近は、白や青とかのツリーとかをよく見ますね。
それもすごく綺麗だと思うけど、自分の好みはやっぱり、定番のクリスマスカラーのクリスマスツリーだな~。
冬が来るのが、少し楽しみになってきました!!
[PR]
by hal_musica | 2006-11-10 00:15 | LIFE

寒くなった。

ここ数日、寒くなってきました。
先週の連休は、昼間は暑いくらいで、半袖の人もいたのに。
今日は寒くないけど、昨日・一昨日とかは冬のあったかパジャマデビューしてしまった。

夏よりも秋のが好きだけど、秋通り越して、一気に冬とか困る。
冬先取りとか、いらない。もう少し、秋を楽しませて。

冬の何が嫌かって、寒いのはもちろん日が短くなることがホント嫌。
夜が嫌いなわけじゃないけど、何と言っても夕方・早朝。
大学の時、レッスンで先生にこてんぱんに怒られた後の帰り道・・・・。
誰もいない道を鼻水出しながら小走りし、始発に乗って学校へ行く朝練・・・。
あー切ない。
せっかく朝練行ったのに、楽譜を忘れた時なんて更に切ない。
そんな事もあった。。今はもうそんな事はないけれど、
とにかく、急に寒くなったりするのはやめていただきたい!
と・・・こういうわけです。

昨日、4歳年少の男の子の生徒が、ふと目を離した隙にフザけたのか、口寂しかったのか、
ピアノに噛み付いた。
15センチ程のキズがついてしまった。

オーストリアのピアノメーカーがやっている音楽教室で、日本の社長のご好意で、小さい時からいい音を・・・って事で、素晴らしいピアノをレッスンに使わせていただいている。
キズを見たとき、私は絶句→寒くなった。
何事も無かったかのように、ポカンとしている子と母。

あのね、この一台にどれだけの人が、沢山の工程で作っているか分かってる?
大量生産しない主義のこの社のピアノ、精魂込めて作ってるのを、分かってる??

そんな事、私も大きくなってから知ったことだし、まだ4才やんちゃ盛りだから、
仕方ないって言えば仕方ない。
まだピアノ始めたばかりで、演奏って域にもなってないしね。
ホントは、そういう時期から演奏以前の事を教えるべきなんですね。
私にも責任あると感じつつ、でもやってはいけないことはいけない。諭しながら叱った。

にしても、キズは私の力じゃ消えず、、もうハラハラ。。。
ちょっとーー、お母さん、知らん振りしないでよ。。

なぜこんなハラハラしちゃうかというと、私のカワイイ生徒がキズをつけたピアノのお値段が、
全くかわいくないから。
900万円なり。
いや、高い、高くないは関係無く、ピアノは大事に使わなくてはいけません。
けどね、つまり、うん、、
私のお給料じゃ到底、弁償できないわけで、だから頼むからそういう事、やめていただきたいわけで・・・。

生徒が帰ってから、恐る恐る謝りに行ったら、
「お買い上げありがとうございます」って技術の方に言われ、、、、
えっ・・・・・・・・凍りついたですよ。
でも、冗談だよとか言われて、ほんとに心から良かったです!!
4歳児の歯の力だから、キズも深くなく、これくらいのキズなら普通にできるから、磨けば直るよ!との事。

しかしピアノ噛むとはね、予想外。。デスヨ。流行りの。
ピアノに対する意識改革しなくては。クーッ。鍛えられるな。
[PR]
by hal_musica | 2006-11-10 00:14 | LIFE