毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

たのしい休日。

月曜日。
英会話の後、sakiさんと軽くランチ。
夜は家族と、浜名湖のホテルに泊まって、お疲れさま会をやりました。

火曜日。
朝、浜名湖から弁天へ。
その後すぐうちに帰って、慌しく、美術館へ。
今、棟方志功展をやっていて、私が観たいと言ったら、
そちらで働いている仲良しのmasakoさんに、招待券をいただきましたので行って来ました。
棟方展は、数年前渋谷で見たんですが、今回は初期の作品だそうで。
やはり、この方の絵の持つパワーは凄いな!改めて、圧倒されました。

親友のtomoが久しぶりに、浜松に帰っているのでその後会う事に♪
tomoを待つ間、スタバで前からやってみたかったカスタマイズに挑戦。
その名も、「杏仁フラペチーノ」。
バニラクリームフラペのバニラシロップをアーモンドシロップに変更すると、
杏仁の味がすると聞いていたので、トライ。
カスタマイズを頼むときって、なぜか緊張します・・・。
本当に杏仁の味がして、美味しかった。

久々のtomoとの感動の再会。
でも、久々なのに、会って話すと、全然久々感が無いのはなぜだろう。
やっぱり、この安心感、楽な感、居心地いいです!
tomoしょっちゅう浜松帰ってきてオクレ。

ランチをして暇になったので、映画でも観るかって事で映画館に行ったけど、
お目当てのパイレーツ~の時間が合わず、
ちょうどぴったりの時間の「ワイルドスピード×3」を観ることに。
二人とも、その映画は車の話ってことくらいしか、前情報が無く、しかももう、3話目なんだね・・・けど、まいっかで、観ました。
今回の作品は、副題に「TOKYO ドリフト」っていうのが付いていて、東京が舞台です。
主人公がアメリカからやむを得ず来ることになった高校生なんだけど、教室でのシーンで、やけに「上履き」が注目されたり、学食が豪華すぎなどなど、面白ポイント色々あったけど、3話目でもちゃんと分かったからよかった!

その後はtomoと、居酒屋さんで生シラスやカツオのお刺身食べ、お酒を飲みながら、まるでオジサンのように、語り合う。
楽しかった~☆あっという間に時間が過ぎた。また会おう。

夜は大好きなサラリーマンNEO最終回を見て就寝。

沢山笑った休日でした。
[PR]
by hal_musica | 2006-09-20 12:55

結婚式に出た。

本番が終わって、ほんとにのんびり過ごしています。

すぐ油断するのが、私の悪いとこ・・・
でも、もう少しだけゆったりします。

日曜日、
お友達の結婚式でした。
家族・親戚以外の結婚式は初めて!!
ピアノを弾きました♪
でも、ピアノの前のスピーチが一番緊張して、
かなりキョドっていたはず・・・。
新郎さんのお名前も間違えず、無事に(?)スピーチも終わり、さて弾こう!と思い構えたら、
ピアノのすぐ隣の、ホロ酔い親族のおじ様に絡まれ(笑)・・・・コラー!!
落ち着く前に弾き始めてしまいました笑。

でも、新郎新婦の方、とっても喜んでくださったみたいで、良かったです!!

その後は落ち着いて、結婚式を楽しみました。
アットホームで、ほんとに心の温まるいい結婚式だった☆☆

感動しました。
新婦の方は、もともと姉のお友達で、姉は本当に仲良しなので、
感無量だったらしく、うるうるしつつも写真を撮りまくっていました。

結婚式って、新郎新婦の方は、緊張しつつもこの上なく幸せそうで、
お嫁さんは、本当に内面からも美しさが出ているっていう感じで、
本当に、いいな~。
来月もお友達の結婚式があるので、本当に楽しみ!!

今度もピアノを弾くのですが、スピーチが何より緊張です。
ちゃんとできますように。
[PR]
by hal_musica | 2006-09-20 07:51 | LIFE

演奏会のようす。

d0023418_085766.jpg

レオナルドさんとの、連弾の写真です。

アイネクライネナハトムジークです。
月曜の本番の前の日に、初めて合わせたという、ありえない話。
ヒヤヒヤでしたが、合わせてくれたおかげて、なんとか形になったかな?

一人で弾くのは、けっこう孤独だけど、誰かとやるのは楽しいです。
[PR]
by hal_musica | 2006-09-15 00:08 | MUSIC

月曜と水曜の演奏会。

月曜と水曜に演奏会に出ました。

演奏会前に、ここに全く書かなかったのは、正直現実逃避したかったからです。
大勢の人の前で、自分はちゃんと弾けるのだろうか・・・
自分は普段、お仕事をしているから、思うように練習時間が取れないし、疲れて練習したくない・・・と仕事を理由にしてしまい、イライラして親に当たったり、
良からぬ想像ばかりがめぐり、ネガティブに考えたりもしました。

そんなときに、音楽関係ない友だちに、
「緊張するだけ損だよ、滅多に無い機会だし、せっかくだから楽しめば、なんとかなるでしょ」
と言われました。
すると不思議と、スッキリして、集中して準備ができました。
ほんの少しの考え方で、人のやる気は随分と変わってくるものです。

今回のコンサートのメインは、イタリアのテノール歌手・レナートさんと、
ピアニスト・レオナルドさんと、メゾソプラノ歌手・洋子さん。
私が弾く曲数は少なかったのですが、一緒に出させてもらうのは、かなりの緊張でした。

私は緊張すると、手が冷たくなり、なのに手に汗かくし、酷いときは手も足も震えます。
でも、そんな私にイタリアの皆さんは、適当すぎる冗談を沢山言って、リラックスさせてくれて、
これでもかって言うくらい褒めてくれて、安心させてくれました。
イタリア人だから、そういうのが染み付いているのかな。
まるで、私がお姫様と思わせるように、とっても大事にしてくれるのです。

本番当日、やはり緊張をしていた私の手は冷たくなりました。
でも、レナートさん・レオナルドさんが私の手を握ってくれて、
「大丈夫だよ、パワーをあげるよ」と言ってくれているかのような感じで温めてくれました。
それから、スタッフの方が「気合だ、気合だ!!」って言ってくれました。
それが、本当に嬉しくって、緊張が自然と取れたようで、楽しく演奏ができました。

こんなにリラックスして楽しく弾けたのは、初めてかもしれない。
演奏後、楽屋に戻ったら、、、
d0023418_075914.jpg

レオナルドさんが、私の演奏中にこんなメッセージを書いておいてくれました。

水曜のメッセージです↓
d0023418_075934.jpg


これは、一生の宝物ポーチに即入れました。
父と同じくらいの年齢のお二人、本当にかわいがってくれて、まるで、娘のようにしてくれる気持ちに、本当に感謝しました。

今回の演奏は、一緒に出て下さった方、周りの支えてくれた人・家族、見に来てくれた人の応援の気持ちに支えられて、成功したようなものです。
自分だけじゃ何もできなかったでしょう。
また、この機会を作ってくださったことにも感謝しています。

レオナルドさんや、レナートさんは本当に音楽が大好きで、それが滲み出ています。
心から楽しむ事、それが音楽という事を、教えてくれました。
彼らは、一方通行のコンサートよりも、お客さんとの心の距離感をより短くするコンサートを心がけているそうです。
聴いているお客さんは、みんなニコニコしているようで、
「今日はいいことがあったね~」って帰っていかれた人もいたそうです。
こんなに嬉しいことはないです。

こういう機会が、私に次にあるのか無いのか、まだ分からないけれど、
自分も幸せになれて、それによって他の人の心も少し弾むなんて、とっても素敵なことです。
もし、またこういう機会に恵まれたら、私はレオナルドさんたちに教えてもらったことを忘れないようにしたいです。
また、私の生徒さんにもこれを是非、お伝えできたら幸いです。

最後にワタクシ、初日からずっと言っていますが、
イタリア人と結婚したくなりました笑。
日本語話せるイタリア人でお願いします。ジローラモ??
[PR]
by hal_musica | 2006-09-15 00:07 | MUSIC

お疲れ様酒。

どうも、ホロ酔いはるなです☆

月曜と水曜の、演奏会を無事に終え、ホッとしたところで、
今日はお仕事帰ってから、母と二人でお疲れ様会しました。

普段は私は、両親の運転手だし、お酒強くないから飲まないけど、
今日くらいは飲んでしまおうと、ちと飲んできました。

久々に飲んだので、すぐ酔いが回って、気持ちのよい、ホロ酔い状態です。
今さっきお友達の就職決まった報告も受け、より一層気持ちがハッピーです。

何かを終えて、自分に「お疲れさん」の意味で飲むお酒、いいですね♪

演奏会の事は後で、酔いが冷めてから、書きます。
明日は休みだ仕事もなーい、、ヤッタヤッタ!!!!
[PR]
by hal_musica | 2006-09-14 20:14 | LIFE

美容室に行った。

昨日久々に美容室に行った。
我慢強くない私の髪が、奇跡のロングになった。
ここまで、頑張って伸ばしたし長さを変えたくは無かったけど、
前髪がピアノ弾くのに支障が出たので、行くことにした。

なんでも悩みに悩む慎重派の私ですが、
美容室だけは、「そうだ、美容室いこう」と起きてすぐ、思いついてしまう。
予約が取れなかったら諦めるけど、昨日もいきなりsakiさんにメールをして、
いい美容室を教えていただいた。。ご迷惑をおかけしました!!!

こんな時間にブログを書く私も、本来は朝型人間。
どんなに夜遅くとも、早く起きたい。
休みの日でも、8時過ぎに目が覚めると、もう損しちゃった気分になる。
そんな私は開店と同時に予約を入れるのが好き。
早い時間が勝負なので、チャチャっと終わらせたいのだ。
11時キッカリに行くともう、先にお客さんが来ていた。
早いなぁ、この人も朝型かしら・・・・チラ見すると、、
安岡力也を若くして、細くしたようなお兄様。。。ちと恐い。。。
申し訳ないけれど、お日様の出ているAMは似合わないような・・・。
禁煙パイポをくわえている。
禁煙のために、必死なんだね、頑張って!!!!
早起きの人には自然と仲間意識が芽生えてしまう。
なので、密かに心の中で、彼の禁煙を応援させていただいた。

私の席の、大きな鏡から、いい角度にその力也お兄様がうつる。
全く観察したいわけではないのに、私が担当の美容師さんと談笑するたびに、視界に入ってしまうものだから、チラ見せざるを得ない。

デンデンデッデデン・・・ッデデン。
彼の爆音着メロが、店内鳴り響く。
頭にラップを巻かれた彼の着うたも、ラップだΣ(T▽T;)
頭と携帯、思わぬコーディネート!!!
なんてお洒落さんなんだ!!
ガ-(゜Д゜;)-ン!

時々、そのラップ頭で、店の外に出る。
タバコとライターを片手に・・・(-.-)y-~~~
禁煙してたんじゃなかったんですか!!
ガ-(゜Д゜;)-ン。。。もしや励まし損??

そのうち、ロッド巻かれ始める。
今日の力也兄様は、パーマか。
なんだか・・・・ロッド巻かれて・・・・
顔恐いのに・・・かわゆい(ΘoΘ;)☆
頭中、くるくるが付いている。

ギャップが凄いね。
そんなロッド頭の彼の着うたは、ロッド・スチュワートだ。
・・・なわけはなかった。そんな渋いはずがない。
奇跡は何度も続かなかった(-д-;)
ロッド姿でも、店の外へ出る。私はきっとできない。
彼のそんな勇気に拍手(・ω・)パチパチ。そんなタバコすきなんだね。

これから、私は男性の、しかもちょっと恐そうな人の、パーマを見たとき、
その人のキュートなロッド巻かれ姿を、想像してしまうかもしれない。
そんな自分の性格の悪さに、ゾッとした。
と同時に、ワルを美化し惚れやすい自分の素質を明確にした。

ところで、この美容室とってもよかったです。
sakiさんありがとうございます☆☆
[PR]
by hal_musica | 2006-09-06 23:56 | LIFE

鈴虫。

9月になり、セミはごくごく少数になり、今度は鈴虫シーズンになりました。

もう秋が来るなぁ。
夏は嫌いだし、秋は好きだから、嬉しいんだけど、なんだか寂しいような。
日は短くなってくるし。

鈴虫の声、綺麗で好きです!!
少なければ・・・の話ですけど。
うちの鈴虫ですがセミ同様、何故か何故か、大量発生です。
毎年そうだけど。
なんてうちは、虫王国なんでしょう。
したがって、申し訳ないですが、すごい声です。
セミよりはるかにましですが。

セミと違って、実際目でどれだけいるか分からないのが残念ですが、
相当いるはずです。
なんかずっと聴いていると耳がキーンとします。

「鈴虫ってなんでうちに来るの??」
「鈴虫ってなんで鳴くの??」

私は、また母に質問大魔王になってしまいました。
「セミと同じなんじゃない??」
真剣に考える私に、母は全く真剣に相手をしてくれず、
仕方が無いので、ネットで検索←またもやキモイことをしている私。

母の言うとおり、セミとほぼ同じです。
子孫繁栄の為、オスが必死でメスを呼んでいるのです。
必死だなぁ、うちの鈴虫は。

しかし、ここからがセミとは違います。
なんと、メスの鈴虫は、お腹に赤ちゃんができたら、
今度はその子孫を産み育てる為に、オスをたんぱく質の補給の餌として食べてしまうのだそうです。
自然界の掟といっても、たくましすぎる。。。。恐ろしやメス鈴虫。

綺麗に鳴いて、メスをさがしたと思ったら、食べられた。。。
あーあ、かわいそうに。悲しいオス鈴虫の一生。

またもや、虫について語ってしまった。全然好きでないのに。
また機会があったら、図鑑まで見て、鈴虫の生態調べてしまうかもしれない。
っていうか、調べたくなってきている。
あー私ったら、気持ちワル!!!

みなさん、はるばる京都の鈴虫寺に行く必要はありません。
お手ごろな我が家へどうぞ!!
鈴虫寺のように、願いがかなうなんて効果は一切無いですが。。
[PR]
by hal_musica | 2006-09-03 01:11 | LIFE

ピアソラ♪

ウメキチさんが、
「これはヤバイよ!!」
と言って、一枚のCDを貸して下さいました。

アルゼンチンの作曲家、バンドネオン奏者、タンゴの革命家である、
ピアソラのラストコンサートのCDです。
ギリシャのオケで、ピアソラがバンドネオン。
ピアソラ大好きなんですが、これは聴いたことなくてワクワクしながら聴きました。

ヤバイではありません。。。むしろヤッヴァイ!!です。
彼はこのコンサートの一ヶ月後脳血栓で倒れ、二年後に亡くなったそうなのですが、とても70歳のおじいさんの演奏とは思えない!!
久々にゾクゾクしました。

感動通り越し、なんだか苦しい!!デスヨ。。。
その「苦しさ」を説明しますと、

絶対に好きになってはいけない、とてつもない「ワル」に惚れ、
人生グルングルンに振り回され、それでも離れられない・・・・
幸せであるけど、、でも苦しい・・・!!

そんな苦しさです。もちろん、そんな気持ちをした経験はありません。
あくまでイメージ!
それだけの、バンドネオンの演奏です。

深く、切なく、優しく。聴くだけで、世界に入っていってしまう感じ。
曲が終わると、拍手が入って、
「あ、そっかライブだった。」・・・ってハっと現実に戻るわけです。
はぁ~~いいもの聴いた。
素敵なCDありがとうございます。

その勢いで、ピアソラのピアノ編曲している楽譜を、ネットショッピングするという、なんだかかっこいいことしてしまいました。
おなじみリベルタンゴ、私の大好きなタンゴ組曲、アディオスノニーノなどが入っています。
タンゴ組曲は、ブラジルのスーパーギターデュオ、アサド兄弟に惚れこんだ、
ピアソラが彼らの為に書いた曲で、何度聴いたか分からないくらい、好きなんですが、
素晴らしいギター用に書かれた曲なので、ピアノでは感じが出ません。。。
本当に好きな曲は弾かないで、聴くに限るかもしれないです。
[PR]
by hal_musica | 2006-09-03 00:33 | MUSIC