毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:LIFE( 191 )

飴玉ほっぺ。

日曜日から、ずっとマスク姿でピアノレッスンをしています。

生徒さんからは、
花粉症?風邪?インフル?
と言われています。

そうではなく、抜歯により顔が腫れちゃったので、隠したくて☆

「え~~大人なのに、歯を抜くって、子供の歯がまだ残ってたの!!??」
年長の生徒さんからは、こんな可愛いコメント。

土曜日に親知らずを抜いてもらいました。
3本は既に抜き、残りの1本でした。
別に虫歯ではないけれど、早いうちに抜いたほうがいいねと。

3本は、比較的楽に終わり、どうってこと無かったので、最後の1本も恐れずに歯科医院に行きました。
私の顔を見るなり先生は、
「今回はね、大変!!でもね、頑張りましょう。僕も頑張りますから!!!」
としきりに励ましてくれる。

私の先生は本当にイイ人。
私はただ、口を開けされるがまま。実際頑張るのは先生と、歯科衛生士の方なのに、優しく励ましてくれるので、リラックスして臨むことができる。
ありがたいなぁ~~
この姿勢は自分のレッスンでも参考にしなくては・・・と思いつつ。

説明を聞くと、なるほど、大変そう。厄介な生え方をしている為、簡単にはいかないそう。
若干ドキドキしながら、診察台が倒されると、
その寝る体勢と、BGMのオルゴールサウンドで、たまらない眠気・・・。
呑気なもんです。

口を大きくあんぐりと開けていても。
先生がなんとか奮闘していても。
大きな音と振動を出す機械が、「ウィーン・ギュイーン・ギギー」とどうにかこうにかしていても。

私は構わず沢山の夢を見ました。

多分、本気では寝てはいませんが、気づいたら歯科衛生士の人が、私の口を一生懸命開けていました。

ごめんなさい、仕事増やして。

2時間弱、ようやく終わり、
「いや~~~大変だったね!!本当によく頑張りましたね!!」とお褒めの言葉。

いやいや、寝てましたけど。
なんて言えやしない。

その後も、「気休めの痛み止めレーザー」をしてくれたり、念のためちょっと強めの痛み止めを処方してくださり。ビビリな性格がバレてるのかな~と思うくらい先生は心配してくれる。
寝るくらいだから、大丈夫です!!と言いたいところ。

麻酔が切れ、やってきました、腫れと痛み。
ははーん、そういうことね。
でも、我慢できない~助けて~ってほどではないです。
食べられるものに限りはありますが、全然大丈夫です!!

次の日起きたら、顔の腫れは酷くなっていました。
なのでマスクをしながら、通常通りレッスン。

隠したいだけなので、家族の前ではマスクを外します。
大丈夫??と私の顔をのぞく母。
私の腫れた顔を見る度に吹き出します。

笑うことないよね!!!

かわいいじゃん、飴なめてるみたいで。
昔のHALちゃん思い出すよって。

この腫れ具合は、飴って言っても、大玉の飴を3つくらい頬張った感じですが。

新婚の生徒さんも、奥様が顔が腫れたとき、かわいそうだけどカワイイって思いました。
って言っていました。
abeちゃんもカワイイと言ってくれたし、こんな顔をカワイイと思える事こそ、愛でしょうか。

この顔で、少しでも誰か和むのなら、良しとします。

昨日消毒に行ったら、先生が「腫れはあと1週間ちょっとくらいかな~~」と言いました。
鈍痛は、かなりましになっています。

今は少しおとなしくしています。
歩くと少し顎にひびくのです。レッスンもオーバーアクションは控えめにしています。

なので、もちろん朝のランニングはお休み。
毎晩、寝る前にお父さんが
「HALちゃん明日はどうする??」
と聞いてきます。
明日の朝はランニングやる?という意味です。

「顔がこんなんだから、まだお休み~~」というと、
「そんな腫れが続くのは、おかしいよな!!」と言います。

娘と一緒にランニングが日課の父は、しょうがなく一人で走ります。
この腫れを残念に思っているようす。

夜、姉とライブを見に行きます。
おとなしくしていたいので、恐らく直立不動。そしてマスクをしている。
結構、不審者です。
[PR]
by hal_musica | 2011-03-29 11:41 | LIFE

ジャンピン

不謹慎かもしれないけれど、明るくなりたいので、不真面目な日記に移行します。

私の姉は、
ポポポポーンのCMにハマッっています。

多分、日本中が、ポポポポーン言ってます。

一度歌うと、一日中歌っちゃうから、
「もう、やめて~」と姉に言いました。

注意した私ですが、
無意識に「こんにちワン、ありがとう・・・・」って歌っていました。

姉がCMをクオリティー高く再現してくれるので、すっかり一日中歌ってしまっています。

開き直って、
お茶を入れてくれた姉に「ありがとウサギ」って言いました。

姉は「どういたしまして・・・テの付くのって何かあるかな」って言いました。

テナガザルかな。
どういたしましテナガザル。

長いし、語呂もイマイチ。
滑舌よくない私なら、間違いなく噛む。

どういたしまし天童よしみ。

魔法の言葉で、天童よしみがポポポポーンしたら、楽しい。と思う。

不謹慎です、、よね?、、、すみません。

昨日、20代半ばくらいの男性が2人、じゃんけんをしていました。
ジャンプをしながら。

リズム小気味よく、互いにタイミング合わせて。

ジャンピン じゃんけん。

私の3歳の姪もやってるけど。
大人もするんだね~~。

なんだか可愛いね。って姉と見てました。

その方々、ゴミ収集車の作業員の人でした。
収集車に乗る際の、座席決めのじゃんけんだったようで。
じゃんけん後にスピーディーに車に乗り込みました。
乗る際もジャンピンしてました。

元気だなぁ。

運転手はまた別の人。
運転席の隣に2人座るタイプの車。
どっちが勝ちなんだろうか。
どうでもいい事を気にしつつ・・。

姉と「最近ジャンプした?」って聞いたら、
姉もしてないと言う。
子供はやたらジャンプするけど、大人は飛び跳ねないよね。

だから、敢えてちょっと2人でしてみた。
童心に返り、少しでも、元気になるといいと。

殊の外体が重く、あまり高く飛べなかった・・恐るべし重力!!

大人のみんなも日ごろから、ジャンピンジャンピンしてみよう。
KARAのジャンピン聞きながら、ジャンピンすると、きっと、なおよい。

少し、周りに元気を与えられるかもね(うるさがられる可能性もあるけれど・・)
[PR]
by hal_musica | 2011-03-24 22:21 | LIFE

ひさしぶり。

久しぶりの投稿です。
2011年になり、
1月に大人の生徒さんのピアノ発表会、3月に子供の生徒さんのピアノ発表会を終え、
3月8日に28歳の誕生日を迎え、ホッと一息ついていました。

のんびりと穏やかに過ごしたい。
前向きに自分らしく。頑張りすぎずに軽やかに緩やかに。

これが3月8日の誕生日の日に抱いた抱負。

でもその後1週間くらいは、そんな事思う余裕はありませんでした。
地震について、悲しく辛く胸を痛めていました。
今回の震災で被害にあわれた方、心からお見舞い申し上げます。

今でも不安や悲しみは尽きません。

でも感じるべきことはそれだけじゃない。
泣けるくらい、優しく強い人の力に驚かされるニュースも目にする。

静岡の浜松は、帰省した首都圏の子達がびっくりするほど、のんびりの空気が今も流れています。
でも、特に地震のことあまり分かってない無邪気な子供チャンたちに接すると、
とっても癒され、元気をもらっています。
子供達の為にも、今大人が暗くなっていてはダメかなと。

今は日本全体、暗く重くなってしまいがち。

日本全体を明るくしよう!
被災地の方を助けよう!!

なんていう力、一般市民の私には持ち合わせてないけれど・・・
祈ることくらいしかできないけれど・・・

せめてでも、自分の周りの人だけでも、元気に心が穏やかにできたらいい。
それが広がれば。

「今自分にできること」っていうのは、多くの人が考えてます。

被災地に行くこともできないし、停電も関係ない浜松に住む私ができるのは、

心ばかりだけど、義援金を送ること。
地震について真剣に考えて、対策すること。
通常通りに、自分の仕事を精一杯頑張ること。
心身共に、元気に過ごすこと。
今ある自分や、大事な家族や恋人や友人に感謝し、もっと大事にすること。

とか、かな。

春はすぐそこです。

d0023418_2049462.jpg


まっすぐ進もう。
d0023418_20493215.jpg


鮮やかな紅梅。思い切り咲く花を愛でよう。
d0023418_20502798.jpg

[PR]
by hal_musica | 2011-03-24 21:51 | LIFE

2010年 締め。

2010年大晦日。

去年の今頃は、年始に迎える、自分のピアノ教室の発表会の準備に追われ、部屋の掃除も中途半端で、多少のことでイラついていた感がありました。

今年は、お部屋の掃除も完璧じゃないけど、比較的早々にそれなりに済みました。
朝はランニング、美容院でヘッドスパもやり、気持ちスッキリ。
恒例になった発表会の準備もそこまで焦ることなく、平穏な心で過ごしております。
気持ちよく2011年が迎えられそうです!

しかし、すっかりこのブログの事を忘れていました。
まさかの「鬼龍院浜子ネタ」止まりで、この年を締めくくるところでした。
そんな締めくくりは、いやだ。

大晦日らしく、締めくくってみます。
今年はイベント盛りだくさんの楽しい一年でした。


①ピアノ教室関係
1月は大人の生徒さんの発表会。
ユニークな生徒さんに囲まれ、和やかなムード。
講師のくせに「何回出るの?」ってくらい誰よりも沢山弾き、噛み噛みのMCもし、生徒さんに乗せられ歌まで披露したピアノ講師。やりたい放題。
講師だけど、生徒さんからいじられキャラの私。

3月は子供の生徒さんの発表会。
小さな子供ちゃん達の初めての発表会、きゃわゆい子供に囲まれワイワイ発表会。

8月は大人の生徒さん、夏の練習会。
我が家で集まった人たちと、弾き合い会。
夏の歌を歌ったりもしました。
その後は待ってました、我が家で焼肉パーティー。
いい気分に酔った生徒さんたちにまた、イジられる私。

今はまた1月に待ち受けてる「発表会」に向けて準備中です。

②今年まさかのランニングデビュー。
私にとって、走る事は「苦痛」の2文字でしかなかった。
走る人の気がしれなかった・・・のにもかかわらず、周りに乗せられ春くらいから、ランニングするようになりました。
50メートルの走るのしんどかったのに、少しずつでも人は成長するものですね。
5月には浜松で3キロ。
10月にも浜松で3キロ。
11月には東京で5キロの駅伝にでました。
今は父と、毎朝6キロの湖をのんびり走っています。
バレリーナヨガとやらを始めたりして、よく体を動かした年でした。
「そんだけやったら、痩せたでしょ~」と思われるのですが、
残念ながらそんな痩せてません。ある意味奇跡の体ですかね。
毎日やっているおかげで、レースに出ても筋肉痛とかはあまりならなくなりました。
くらいですね。体の変化は。
相変わらず冷え性は治らないし、夏のランニングのおかげでソバカスは増えるし・・・。
でも、「ヘタレの私が走っている、今までできなかったことができるようになった!」という事が、少しでもできたからそれは大きな収穫です。
きっと私がそこまで痩せないのは、甘いものを節制してないという大きな理由が・・。
目をつぶりたいけど、まぎれもない事実!!
でも最近ひそかに「スイーツ会」という会合を立ち上げてしまいました。
甘いものをやめる気は、一切ありません。
むしろ素敵なスイーツとの出会いを切望します。スイーツ会会員、大募集中♪

③久しぶりの海外・・・台湾
2年ぶりに海外に行きました。
11月に台湾です。台湾料理に舌鼓。
素敵な親子との出会いもありました。よいとこ台湾。
2011年はもっと海外行きたいな。
ちなみに6月にチュニジアに行きます。


④まさかの作曲活動
これに関しては以前のブログも書いた通り。
続きですが、
結局、調子に乗った作詞のオジサンに依頼され、4曲も作曲しました。

・浜松の音頭(タイトルを言うと、我が父が勝手にアップしたyou tubeにひっかかっちゃうので決して言えません、浜松音頭じゃひっかかりませんから。)

・浜名湖うなぎ(歌詞にうなぎイヌやら、天才バカボンやら勝手に使っている作品。ムーディー勝山風に作曲したら、まさかのダメ出し。やはり彼の時代は終わったのか。おかあさんといっしょの歌のお姉さん風に作り直し、自分史上、最高にかわいい声を出し収録した曲)

・天竜区の生徒の歌(過疎・限界集落ってやたら言うちょっと失礼な歌。昔ながらの校歌風に作曲したところ、もんぺにおさげで歌ってほしいと頼まれた一曲)

・天浜線の歌(走れコータロー風にというオファーだったので、アップテンポで作ったら、1両編成しかないのどかな電車に合わないとダメ出し。60代のオッサン達でも歌えるテンポに変え、フォーク調にしたら大絶賛)

天才だ!とおだてられ、なんでこんな事をしているのか分からず、お人よしの私はせっせと曲を作りました。一度歌い始めたら、夜まで歌ってしまう非常にキャッチーな、言ってみればベタな曲だと自負しています。
作るのはいいけど、歌うのはね・・・
今年はまさか、市長と2回競演。
1月に父の会社の賀詞交換会でも、市長と歌えと言われ。
断固拒否しています。
なんだか、これらの一件で、ひとまわり大きく成長したと思います(体型ではなくね)
作曲のオジサンは本当にCDを作ると言い、意気込んで衣装の法被(なぜに法被!?)のデザインをし始めました・・・。2011年もこの方とのイベントが色々入りそうな予感・・・・。ふぅ。


仕事も遊びも充実してた2010年。
来年も健康に気を配り、頑張ってまいります。
皆様、よいお年を!!
[PR]
by hal_musica | 2010-12-31 18:34 | LIFE

また音頭。

音頭の歌詞を作ったおじさんから、
作曲者である私にユニークなペンネーム付けてね!って言われた。

オジサン達が提案してきた、マーガレット加藤も、エリザベス加藤も気に入らなかった私。
(当たり前でしょう)
じゃあ自分で名前を付けてねということになった。

ネタとして家族にその話をした。

翌日、母が、一枚の紙をニンマリ顔で渡してきた。
d0023418_2235297.jpg


意味が分からない。
鬼龍院!!???  鬼!?

どうやら、夏目雅子さんが昔やった、極道の妻かなんかの役で、
鬼龍院 花子ってのがあって、
ナメたらあかんぜよっていうのが、名文句だったとか。
浜松だから、浜子。

ふーん。


で?

なぜ、極妻!!?
キャラじゃない。私は3歳の姪にも、ナメられちゃう人なのに。

そして、「あかんだに」って、富士市出身の母が、無理をして遠州弁を使っている。
正確に言えば、
「ナメちゃいかんに」もしくは「ナメちゃかんに」 が遠州弁として正解である。

「寝ずに考えたんだから~」という母。
明らかにこの状況を面白がっている。そして、間違いなく、寝てはいる。

冗談で、金曜日、このメモを作詞家のオジサンに渡した。
「面白いお母さんだね、何考えてるんだろうね」って言われた。
もっともなコメントだけど、あなたには言われたくない。笑。

今日その作詞家から「鬼龍院さんですか?」って電話が来た。

またもや、オファーだった。
音頭の公演の。。。。

観客150人。
また市長と。

どうなる私。。。
[PR]
by hal_musica | 2010-09-13 22:03 | LIFE

まさかの展開。

ある日、父が「HALちゃん、これに曲つけてみて」とある本を見せてきました。

それは、父の同級生が趣味?で作った、地元・浜松市をテーマにした、音頭の歌詞でした。
父の友人の方は、夏の贈り物で自分で作った本を、多くの人に送りました。
それを見た父が、私に見せてきて、曲をつけてと言うのです。

非常に忙しい時だったので、めんどくさかったのですが、わたくし、元来お人よしで、断れない性格。それに、「曲を作って」だなんて、ピアノにかかわる者としては、スルーしてはいられないので、ひとまず見てみることにしました。

「ふんふふんふふ~ん♪」

ほんの2分でできました。陽気な音頭です。

誰でも、音楽をやらない人でも、適当に鼻歌まじりで、曲を作ったことあるでしょう。
なんでもいいんだけど、適当に。
例えば、眠くてたまらない~~♪とか、携帯どこ、どこどこ~?、とか、ひたすら暇~~♪とか、
なんかそんな感じの。
それくらいのノリで作りました。だって、父に聞かせるくらいだし。

この歌詞は郷土愛に満ちていて、洒落もきいてて、いい歌詞なんです!!
よく考えたな~という感じの。
そして詞のテンポもよかったので、意外にも「音頭」らしく、単純で覚えやすい、いい曲ができました。

「よし、じゃ、もう一回歌って」
と父がカメラを取り出し、ムービーでとるっていうもんだから、
これまた、調子に乗って、その場で歌いました。
少しだけ、こぶしきかせてね。
なにやってんだか、この父と娘。と思いながらも。

別に作曲を頼まれたわけじゃないのに、早速父は、作ったご本人に音源を渡しました。
まさか自分の詞に曲をつけてくれる人がいるとは思わなかったのか、その方には大層お喜びいただけたようです。
同級生の人でバンドをやっている人がいるから、そのバンドと合わせよう~~なんて、話が膨らんだりして。私も調子よく「そうですね!」と、その場の雰囲気で答えました。

後日、私はその方から呼び出されました。食事をしようと。
いささか不安だったので、父同伴で・・・と思いましたが、先約があり行けないとのこと。
仕方なく、一人で行きました。

お店にいると、父の同級生の人が数人来ていました。
一人は例のバンドマン。ギターを持参でした。

来て早々、早速、例の音頭を歌ってよと言われました。
素直な私は、63歳のオジサン達の前で、2分で作った音頭を披露しました。

「や~~いいね!!じゃ、アンタ、こんどの10日宜しくね!」

はっ、10日?
状況を理解できない私は、その意味を問うと、
どうやら、

10日にその歌詞を作った人が経営している会社のパーティーが、某ホテルの一番おっきい宴会場行われ、その場で私がゲストとして、オジサンのバンドと共に、その音頭を歌うことになっているだとか。

なっている・・・って。聞いていない・・・その日はガッツリ、お仕事だっていう。
っていうか、10日後!?

戸惑っている私に、もう一人の別のオジサンは、バンド名の書かれた綺麗なブルーのTシャツを手渡す。「Mしかないけどいい?」より一層戸惑う。もはや私はバンドの一員になっている。


「アンタさ、声いいじゃん、この1曲だけじゃ悪いからさ~もう1曲歌いなよ、そこで。」

そのお店の個室には、カラオケセットが設置されている。
テレサテンとかをリクエストされる。知らない。世代が違いすぎる。
「じゃあ、涙そうそうとかいいじゃん、中川りみの」
と言われ、夏川ですけど、とか思いながら、おじさん達の前で歌う私。

「いいじゃん~~、決まりだね、じゃ、これも10日ね」

えっっ、別に十八番でもなんでもないこの曲。歌科でもない、ただのカラオケレベルで、人の前で歌えと?スペシャルゲストとして?ピアノ科ですけど。

この状況は一体。いまいち状況が整理できない。
しかも2分のノリで作った音頭は大トリで。

あれよあれよと、話は進み、とてもとても引き下がれない状況に。

「そうだ、アンタの名前作らなきゃいかんね、何にする?そうだね~~マーガレット加藤、エリザベス加藤?」
「いいじゃん、マーガレットかわいいじゃん」と皆盛り上がる。

「ぜったいイヤだよ!!」さすがの私も、マーガレットは断固拒否しましたが・・・。

その後、オジサンが増えるたびに、涙そうそうをリクエストされ、その日10人ほどのオジサンの前で、涙そうそうを3回も歌いました。それこそ涙そうそうです。

ということで、、、

私は、とあるホテルの大きな部屋で、とある市内の会社のパーティーに特別ゲスト「マーガレット加藤?」として、地元をPRする音頭(私の作曲)、カラオケレベルの涙そうそうを歌うことになりました。

まじめな私は今、10番にも及ぶその歌詞を覚えるのに、必死で、暇さえあれば歌っています。

ただでさえ度胸がない私。
その場に、知り合いが来ないことを、ただただ、切望するばかりです。
いっそのこと仮面でも被って、歌おうかな、浜松狭いからな~、街歩けば誰かしらに会うし。
「ゆるキャラ」として、うなぎの着ぐるみでも着て。

でも、私、見事にやり切ったら、人として一皮剥ける気がする。
正しい道なのか!!??笑。

CDも作ろうと意気込んでいるおじ様がた。
市長と親しいから、聞かせそう。。。

ちなみに私の音頭は、父の粋なはからいにより、YouTubeにて、全世界配信中です。

元音大生として、ピアノ講師として、まさかの展開でございます。

HALなにやってんの!?笑。
同級生は言うでしょう。殊に大学の。
私が一番そう思っています。

恥ずかしがってやるのが、一番恥ずかしい。
いっそ、楽しんでやってみます。アハハハハ~!!
[PR]
by hal_musica | 2010-09-07 10:47 | LIFE

2010 夏。

久しぶりの日記。8月はあっという間に終わり、もう9月になりました。
今年は戦後1番の暑い夏でした。
暑すぎて、名物「加藤家の蝉」も今年はあまり現れませんでした。

9月になっても、うだるような暑さは続くようで。
夏女の姉は、8月になると「あと一ヶ月しか夏が無い~寂しい~」と言いますが、
今年は暫く夏を楽しめそうですね。

でも姉と違って私は、日光アレルギーなので夏は苦手。
外に出るときは、長袖・手袋・傘は欠かせません。時には帽子にサングラス。
まるで女優です。
今日、はなまるカフェに出ていた大地真央が、アメリカ旅行で私と同じような格好をしていました。
「まるで女優」・・・ではなく、「確実に女優」だということが分かりました。

そんなインドアの私ですが、早朝ランニングは一応続けています。もちろん長袖で。
6時を過ぎると、私には日光がキツクなるので、最近は5時半に出ています。

「朝が得意」と豪語する私は、実は低血圧なので(いつも上が90未満)それなりに朝は辛いです。5時20分くらいになると、父がそっと優しく私を起こしてくれます。

・27歳にして、父と2人で早朝ランニング。
・低血圧ながら、早朝からランニング。
・ランニングしても、痩せない。

そんなトリプルの「ミラクル」を起こしている私ですが、
また凝りもせず10月に駅伝に出ます!頑張ります!!

夏は苦手ですが、結構満喫しています!
花火2回・北海道・箱根・ピオーネ狩り・クレマチスの丘・浜松ツアー・オジャマッコリ・初島などなど。
よくよく考えると、インドア派失格くらい、外で遊んでいました♪
それにしては、よく肌を守っています。さすが女優です。
ではちょっと写真。雨の日の花火の写真もなかなか素敵でした。
d0023418_14364033.jpg

d0023418_14365475.jpg


まだまだ暑さも続きます。皆様お体ご自愛ください!!
私のお気に入りの2つの動画を見て、暑さに負けず頑張りましょう!
ヒップダンスを真似したいKARA
姉に教えてもらってからトリコになってしまった、バーレーンの実況
[PR]
by hal_musica | 2010-09-01 15:17 | LIFE

駅伝。

チームのみんな。
まだ、このときはアンカーの方は不在でした~。
d0023418_22314622.jpg


素敵なメンバーでした♪
[PR]
by hal_musica | 2010-05-31 22:32 | LIFE

佐鳴湖国際駅伝。

昨日、佐鳴湖国際駅伝に参加してきました~~!!
d0023418_893840.jpg

走ったのです、この私が。
この写真は、大会前。朝の6時半で、場所とりをしに来たところです。

この大会は今年で26回目。
私は、ものすごく近くに住んでいるのに、この大会の存在を今まで知らず、佐鳴湖を毎朝1周歩くようになって、去年ようやく知ったという大会。


去年それを見に行った母が、そうだ、京都行こう的なテンションで、
「そうだ!チームつくろう」
と言い出し、なりゆきで出ることになりました。

あ、このブログにも確か書きましたね。
ヒプスのネタ

でも、走ることなんて、大嫌い。
小学校のマラソンの大会にはいい思い出なんてない。
はっきり言ってビリから数えることのほうが、たやすい。
かろうじてビリではない!っていう程度。
小学校当時は大会前日は泣いて泣いて。
でもズル休みって言われたくないから、休まず頑張って走った。
なぜ、わざわざ苦しいことをするのだ、としか思っていなかった。

だからはじめは一切出る気が無かったものの、なりゆきで、出る方向に引っ張られまして・・・。
でも練習なかなか始められず、嫌がってても仕方ないから、春から少しずつ走る練習を始めました。

今回の駅伝は、箱根駅伝のようなガッツリの感じではなく、あくまで楽しんでというのがテーマの駅伝です。
1区間3キロなので、そんなに長くない。(1走者目だけは少し長めにしてあります)
14区あって、全員で42.195キロ走ろうというもの。

今回チームのメンバーは14人。
男性7人(20代が4人、40代1人、50代2人)
女性7人(20代が5人、30代1人、50代1人)

レース経験者が6人。
その他はあまり走ったことがなかった人たち。
国際駅伝らしく、一人ポーランドの女の子もチームにいます。

まぁ、1人3キロならね・・・とお思いの方。
私にとっては3キロも辛いっていう。
最初練習をはじめたときは、100メートルも走るのは嫌でした。
微々たるものだけれど、1キロ走れるようになり、3キロ走れるようになり、亀のようにゆっくりの速さならば1周の6キロは走れるようになりました。

でも、亀のようなペースなので、1キロ6分半ペース。
私にはそれでも辛いというのに、それだと、大会でビリクラス。
人にも自分にも甘い、ヘタレの私はすぐ諦めてしまいたくなり、何度も気持ちが折れそうになりました。
最終的には、「出ることに意義がある、歩いてもいい、出ればいい」と、究極に自分を甘やかす方向にして、マイペースに練習をしました。

微々たる成長ですが、少しずつタイムはよくなり、3キロで17分になりました。
それでも、決して速くはないので、不安でたまりませんでした。

そして、大会大会当日。
今回は150チームが参加です。
曇っていた天気も徐々に晴れ、とてもいい天気でした。

スタート地点。
d0023418_838645.jpg

第1走者の人は、ランナーばかり。
3キロ9分で走る人が、ゴロゴロいます。

この大会は、速い人は9分台、遅い人は28分など差があるようです。
子供から、おじいさん、仮装をしている人まで様々。
こんな子も。
d0023418_8535437.jpg


私は8区目でした。頑張って走りました。
途中、「ハルナーーーー!!」
母の声が聞こえました。
不思議と力が出ました。何人か抜きました。
ほんとにありがとう。

1本の襷をつないで、みんな励ましあい、応援し、頑張りました。
本当はみんなで頑張るの・・・ていうのもプレッシャーだったけど、
実際に参加するととても楽しかったです。
走るのはもちろん辛かったけど、その後の爽快感といったらない。
自分がこんな気持ちになるなんて、思ってもみませんでした。
いい経験でした。

結果、150チーム中、88位!!
ビリでもいいよと思っていたけれど、私のような人がメンバーにいながら88位。
私以外の人たちが結構速かったというのが、ありがたいことでした。

私の個人結果は、15分10秒。150人中、区間102位でした。
まぁ決して速いわけではないけど、自分が思っていたよりは速く走れたし、良しとします。

その後、我が家で打ち上げ~~。
焼肉をガッツリみんなで食べました。
普段飲まないビールが、この日はとっても美味しかったです!!

少しはついた筋肉。
更に健康になるように、また、頑張ります♪
[PR]
by Hal_musica | 2010-05-31 08:55 | LIFE

27歳。またまた。

あ、B型ですから。
今、日記を更新したい気分なので、当然、連続投稿。

もし数ヶ月いなくなっても、
「ああ、そういう気分じゃないんだ」とご理解ください☆

いつも元旦に、新年の抱負を決めていたのに、それも忘れていた。
なので、27歳の抱負を。

1.今年は女性的なスキルを身につけたい。
料理・パン・お菓子・刺繍・編み物等。

「やだやだ、ちょっとなんだか女になっちゃって」
ってお思いかもしれないですが、そういうわけでもなく。。。

そのきっかけは、先月の寒い日のことでした。

自転車で来た小5の私のピアノの生徒、もえかちゃんの手は、すっかり冷え、ガチガチに固まっていた。
それじゃピアノが弾けないから、彼女の手があったまるまで、雑談をしていた。

クッキングクラブに入っている彼女は、料理も好きだし、家ではお菓子作りにハマっていると言う。
「ふーんどんなもの作るの??」と聞くと、

「えー、うーん、マカロンとか?」

ん、、、マカロン?
・・・・って、家で作るものなんですか・・・。しかも小学生が?

マカロンと言えば、私の好きなスイーツ上位にランクインするあの子?
かわいいけれど、その大きさの割に値段がかわいくないあの子?
一口で食べる人間を見ると、マカロン好きの私としては無性に腹が立つというあの子?
(マカロンというお菓子はリスのようにチミチミ食べるのが正しい食べ方である)

5年生を甘く見ていた。
所詮、11歳。ホットケーキとか、クレープ、クッキー。
とか、そんな類でしょと思っていた。
私が11歳の頃は、マカロンっていう洒落たものは、無かったし。
それに、当時作れると言ったら、なんだろう、フルーチェとか?(ミルクと混ぜるだけ)

「マカロンって、どうやって作るんすか?」
生徒に対し、もはや敬語。
しかも、最近は編み物と刺繍もやり始めたと。

完全なる敗北。小5の生徒に!!!

まあ、ピアノはその子の先生ですから、その子には負けてはないですがね、
だからなんだっていう。

そしたら私の存在価値どうこうの話になるけど、別にピアノが弾けなくたって、生きていける。
ピアノだけ弾けてもね、女性としてどうなんだっていう。

はっきり言って、私はマカロンも作れないし、編み物や刺繍なんてやりたいと思ったこともない。
(リリアンならできますけど?)
第一、お裁縫なんて、学生時代、成績が悪すぎたのも逆に自慢しちゃっている。
どうなんだ、女性として!私!27歳。いい大人。
気付くのが遅すぎたかもしれないけど、ようやく気付いた。

11歳女子に負けてはいられない、27歳女性。
相手はランドセル背負ってるんだ。負けちゃいられない。

という事で、その日にネットで、キットを注文しまして、始めることにしました。
編み物と、刺繍。
これから嫌でも毎月1セットずつ届いちゃいます。
1セットにつき、2作品を作ることになります。
飽きっぽいから、欲張って、2コースも頼まなきゃ良かったか。。
だけど、謙虚に「きほんのきコース」にしましたから。難しいと、開封すらしなそう。

それで、3月8日に早速編み物を始めました。
d0023418_1643982.jpg

d0023418_16433215.jpg

っていうか、たくましい手。笑。

このちっちゃいのは試し編みです。
今は本番用をせっせと作ってます。

それが、楽しい!
ネクラの私には、一人でコツコツっていうのが合ってるかもしれない!!笑。
編んでいくと、どんどん柄が浮き上がってくる、この喜び。
時間を忘れてやってしまって、やるべきことを忘れてしまうから気をつけなければ。

昨日から2作品目作り始めて、とりあえず、途中までできました。
木の柄のコースター。ゆがんでますな。
この後アイロンをかけます。
d0023418_22494325.jpg


まぁ私が飽きないうちに、会った人は、編み物やってる?と聞いてください。
刺繍はこの後トライします。

パン作りに関しては、スキルが無いくせに、楽しく通ってるうちに自然と、上級クラスにあがってしまいました。
別に試験も何もないからね。
「上級に在籍中」という肩書きにふさわしいスキルを身につけるためにも、復習をきちんとしなくてはと思う。


2.音楽の仕事、早め、早めの準備。
土壇場で動き、パニックになることが多かったから。


3.時間をうまく使う
時間を上手に使えていなくて、マメじゃなくなっている。

長くなりましたが、この3点を頑張るつもりです。

あとは、健康で楽しく、あらゆることに感謝の気持ちを持って生活する!
いい年になりますように☆
[PR]
by hal_musica | 2010-03-14 22:54 | LIFE