毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

言葉2 ~ヤバい考~

先程のつづき。

どうして言葉は変化してくるのだろう、そして意味が変わってくるのだろう、しかも正反対に。

いい例が、
『ヤバい。』

分かりやすく例文を出しますと。


このオムライス、マジやばいよ。
因みにこちらの方言で言いますと、ドやばいに。

このヤバイには、大きく二つの意味が考えられます、

①まずい、酷い、危ない、悪い

・この上なくまずいよ。
・卵が腐りかけだよ。
・どう見てもオムが破けて、酷い有様だよ。
・ケチャップと思ったらデスソースだったよ。

②感動を覚えるほど美味しい。素晴らしい。

・フ~ワフワ、トロっと加減。
・デミグラスソース、最高。
・シェフ、神業!

辞書には、①の意味合いが載っている。
しかし最近は②の意味も出てきた。いわゆる、「若者言葉」である。

辛うじて24歳、わたくしだって若者らしく、無意識に使うことはあるっ☆
でも、もうやめよう。

どうして②の「ヤバい」が生まれたのか。これには三つの仮説が立てられる。

①美味しさのあまり、それを作ったシェフの技量に驚いた末のヤバい…説。

シェフの技術は神業→人間離れ→神懸かり→何かが憑移している可能性浮上→寒気→少し
恐い→恐れおののく→ヤバい

②同じくシェフの技量に驚き感服。敬意を表した末のヤバい・・・説。

シェフ神懸かり→シェフの才能と並々ならぬ努力の賜と気付く→畏敬の念を抱く→自らと比べ、
己の日々の怠慢への反省と焦燥感→ヤバい。

③日本一「ヤバいよ」を使っているだろう出川哲朗からきた説。

本来のヤバい、危険・酷い状況は、日本を代表するリアクション芸人の出川さんにとって
は、この上ない好都合で、自分にとってのチャンス。
つまり、「おいしい。」
ということから
おいしい、好都合、素晴らしい→ヤバいよ

わたくしは③の説が最有力かと思う。
どうですかね。
言葉にムーブメントを起こしたかもしれない、出川さんを称賛する日がいずれ来るのかもし
れないわ…。

言っておきますが、
私は暇ではありません。私だってそれなりに忙しいんだーい。
一刻も早く、寝たいのです。
でも、こういう「どーだっていいじゃん」的な事を、真剣に考えるのはけっこう好き。
ただし真剣に考えるべきことは、投げ出して後回しにするのが悪い癖…('◇')ゞ エーィ!
さて明日も仕事だ!!ガンバレ自分!!
[PR]
by hal_musica | 2007-10-24 00:09 | LIFE