毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

欲。

不覚にも、
ルー大柴の、

なんだよぅーやぶからスティックに!

ってギャグにウケてしまったHALです。
しかも太字にしてしまった、、不覚にも!!

ルー語変換とかいう、くだらないサイトがあるらしく、面白いよと聞き、ついやってしまい、
ルー語に変換された、だらりぽっぽ♪です。くだらんー笑。


そうそう、誰も気づかないだろうから、自ら言いますが、先日パーマをかけました。
でも多分実際見ても分からないと思います。

もし違いの分かる人がいたら、コーヒーは専らネスカフェゴールドブレンドか、
もしくは、相当な私のファンと勝手に判断させていただきます。ニヤリッ☆

かけたパーマは柔らか髪・少し内巻きになるパーマ。エアウェーブというもの。
でもカールがつくほど強くかけてないから、分からないと思います。
しかし、言わせていただくけれども、これは失敗ではございません。成功です。

と、言いますのも、私は自分の髪質にコンプレックスを抱いていました。
元々の髪質は、堅い・多い・真っ直ぐ。巻いたとしても、ピーンと真っ直ぐに。
まとめ髪の時は、ピーンピーンと飛び出してくるし、ヘアピンが髪に負けていました。
長い時ピニーテールをしたときには、振り向きざまに凶器と化してました。

もし、私が女優で、役作りのために坊主にしなくなったら・・・
役が終わり、すこーし伸びたくらいのとき、
「うわ~~気持ちいい~~フアフア芝生みたーい。」
とはならず、
「痛っ、タワシ!?」
ってなる気がする。あー女優じゃなくって心から良かったよ。

写真によると、私は生まれた時髪が立っていました。
それは、親が熱狂的なデーモン小暮閣下のファンだからです。
・・・って嘘ですけど。
生まれながらにして閣下ヘアの赤ん坊(女児)。
父親はそんな私を不憫に思い、私の将来どうなることやらと、心配したようで。
それなら、カットしてやってくれ。もしくはムースとかで落ち着かせてやってくれ。
って当時の両親に言いたい。

ちなみにわたくしの名誉のために言いますが、
もう今は髪の毛立っておらず!
年齢、10万歳もサバ読まず!(1歳も読まないけどネ☆)
相撲マニアではあらず!
頬にグレーの陰影を付け、小顔効果を狙うという、姑息な手は使わず!
私はピンクのチークで、まるでペコちゃんのほっぺです♪♪

とにかく髪が強いのです。あたし負ける気しません。
意志は弱いが、髪は強い!!
イエーイ!!!

・・・・・・・・・ふっ。

それはさておき、私は猫っ毛に憧れます。
しかし、猫っ毛の人からは、このコシ・ハリ羨ましがられます。
クセ毛の人はストレートパーマで真っ直ぐにします。
しかし、真っ直ぐの私は、パーマでクセ毛風を目指します。

人間は自分に無いものを欲しがるもの。
例え手に入れても、また次の欲求が出てくる。

人間なんてララーラーララララーラー。。。。TAKURO YOSHIDA。。。。

自分のコンプレックスをチャームポイントだと思い、むしろ隠さず個性として生かして見せることのできる人って、とっても素敵だなぁ♪
[PR]
by hal_musica | 2007-10-03 00:44 | LIFE