毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

寒くなった。

ここ数日、寒くなってきました。
先週の連休は、昼間は暑いくらいで、半袖の人もいたのに。
今日は寒くないけど、昨日・一昨日とかは冬のあったかパジャマデビューしてしまった。

夏よりも秋のが好きだけど、秋通り越して、一気に冬とか困る。
冬先取りとか、いらない。もう少し、秋を楽しませて。

冬の何が嫌かって、寒いのはもちろん日が短くなることがホント嫌。
夜が嫌いなわけじゃないけど、何と言っても夕方・早朝。
大学の時、レッスンで先生にこてんぱんに怒られた後の帰り道・・・・。
誰もいない道を鼻水出しながら小走りし、始発に乗って学校へ行く朝練・・・。
あー切ない。
せっかく朝練行ったのに、楽譜を忘れた時なんて更に切ない。
そんな事もあった。。今はもうそんな事はないけれど、
とにかく、急に寒くなったりするのはやめていただきたい!
と・・・こういうわけです。

昨日、4歳年少の男の子の生徒が、ふと目を離した隙にフザけたのか、口寂しかったのか、
ピアノに噛み付いた。
15センチ程のキズがついてしまった。

オーストリアのピアノメーカーがやっている音楽教室で、日本の社長のご好意で、小さい時からいい音を・・・って事で、素晴らしいピアノをレッスンに使わせていただいている。
キズを見たとき、私は絶句→寒くなった。
何事も無かったかのように、ポカンとしている子と母。

あのね、この一台にどれだけの人が、沢山の工程で作っているか分かってる?
大量生産しない主義のこの社のピアノ、精魂込めて作ってるのを、分かってる??

そんな事、私も大きくなってから知ったことだし、まだ4才やんちゃ盛りだから、
仕方ないって言えば仕方ない。
まだピアノ始めたばかりで、演奏って域にもなってないしね。
ホントは、そういう時期から演奏以前の事を教えるべきなんですね。
私にも責任あると感じつつ、でもやってはいけないことはいけない。諭しながら叱った。

にしても、キズは私の力じゃ消えず、、もうハラハラ。。。
ちょっとーー、お母さん、知らん振りしないでよ。。

なぜこんなハラハラしちゃうかというと、私のカワイイ生徒がキズをつけたピアノのお値段が、
全くかわいくないから。
900万円なり。
いや、高い、高くないは関係無く、ピアノは大事に使わなくてはいけません。
けどね、つまり、うん、、
私のお給料じゃ到底、弁償できないわけで、だから頼むからそういう事、やめていただきたいわけで・・・。

生徒が帰ってから、恐る恐る謝りに行ったら、
「お買い上げありがとうございます」って技術の方に言われ、、、、
えっ・・・・・・・・凍りついたですよ。
でも、冗談だよとか言われて、ほんとに心から良かったです!!
4歳児の歯の力だから、キズも深くなく、これくらいのキズなら普通にできるから、磨けば直るよ!との事。

しかしピアノ噛むとはね、予想外。。デスヨ。流行りの。
ピアノに対する意識改革しなくては。クーッ。鍛えられるな。
[PR]
by hal_musica | 2006-11-10 00:14 | LIFE