毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

意外や意外。

なんか、、、前の日記、、セミとか語っちゃって、
私ってちょっと、気持ち悪いや。。

しかし、懲りずに今日も語らせていただきます、セミを。

今年のうちのセミは、去年のより少ないよねーと、母は主張していますが、
母が言うところによると、どうやら、今年は庭にカラスが来て食べるそうな。
それはそれで、恐いんですけど。

そんなお話を、お仕事場の先輩にしていて、
「もう、セミの生態とか、知りたくなっちゃいますよ」とか言ったら、
先輩が、図鑑を出してきてくれ、一緒に見ていたら、
あら、意外!!って面白いことが、書いてあって、
私はまたまた、気持ち悪いことに、それを思わずコピーして、持ち帰ってしまいました。

そこに書いてあった面白いこととは、、、

・古代地中海では、セミは破格の扱いを受け、神の使いとして敬愛された。
 セミの鳴き声に、ハープの音を例えられた。

・ギリシア各地では、音楽の象徴であり、
 楽器演奏を含む技芸の女神ムーサイのそばにしばしば、描かれた。

・セミは復活・不死・永遠の若さ・幸福の象徴でもある。

・フランス、プロヴァンス地方では、セミを腎臓病や水腫症の薬として利用した。

・日本でも霊薬で、愛媛の宇和島では、成虫を心臓病の薬として、あぶって食べる。

・長野のセミの幼虫揚げ缶詰は、ピーナッツに似た乙な味だ。

・図鑑に載っているセミ博士の名前が、私の父と一字違いだ。


これ見ると、少しセミに対する気持ちが変わるでしょうか。
音楽の象徴とはね。ビックリ。
乙な味と言われても・・・ちょっと試すに勇気いるなぁ。

しかし、博士が父と一字違いだなんて。
もしかして、その博士の熱狂的なファンが、博士にセミをプレゼントして喜ばせようとして、
誤って一字違いのうちの庭の土にこっそり忍ばせたのではなかろうか・・・
・・・なんて憶測してみたりして。
[PR]
by hal_musica | 2006-08-18 23:41 | LIFE