毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

キャッツ☆☆

d0023418_944463.jpg


私の大事な親友の一人、mamiが、劇団四季のキャッツにシラバブとして出演しています。
mamiは、小学校からの仲。

私の高校からは、音大に行く人は本当に少ないんですが、
私のときは学年でたった二人、私とmamiだけが音大を志望していました。
なので、選択の音楽の授業は、二人+音楽の先生だけで、
わきあいあい、励ましあって頑張りました。

私の受験の時、mamiは私に色々お守りを持たせてくれました。
手作りのお守り、お手紙、mamiの好きな曲が入ったMD、メッセージ付きホッカイロ。
あの時はありがとう、効きました!!
受験時には、家族や友達、他の方からも、いっぱい優しさをもらったのですが、
それらを一つにまとめて、「お守り袋」にして、
今でも大事にとってあり、私の宝物にしてあります。

そんなmamiが、あの素晴らしいキャッツの舞台に立っているというのは、本当に嬉しいです。
なかなか、東京に行けず、観に行けなかったけど、
ようやく観に行くことができました。

キャッツは私にとっては2回目。
以前は静岡に来たのを観たんですが、今回は五反田のキャッツシアターでの公演。
会場全体がキャッツの世界に包まれています。

公演が始まった途端、全然悲しいシーンでも無いのに、
むしろ楽しいシーンなのに、mamiが出てきた途端、
私は涙がボロボロ・・・ボロボロ・・止まりません。
いきなり、ハンカチをゴソゴソ探し出すものだから、
隣の人は不思議な顔で見ていましたが、
関係なしに泣けてしまいました。

大好きな友達が、頑張っていて、そしてとても幸せそうな顔していると、
嬉しくて嬉しくて泣けますよね。年とったのかなぁ。

もちろん、キャッツの公演は素晴らしくって、感動して、
それにmamiが参加していることに感動して、
mamiの歌・ダンス・演技にも感動して。。

そのうち、私の友達mamiが子猫に見えてきました。
メモリーをmamiが歌った時、もうコトバになりませんでした。

その日、偶然私達の音楽の先生が来ていたんだけど、
きっとその先生も泣いていたに違いありません。

これからも、彼女を応援します。
また、一緒に演奏したいね♪
[PR]
by hal_musica | 2006-08-04 09:04 | LIFE