毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

また音頭。

音頭の歌詞を作ったおじさんから、
作曲者である私にユニークなペンネーム付けてね!って言われた。

オジサン達が提案してきた、マーガレット加藤も、エリザベス加藤も気に入らなかった私。
(当たり前でしょう)
じゃあ自分で名前を付けてねということになった。

ネタとして家族にその話をした。

翌日、母が、一枚の紙をニンマリ顔で渡してきた。
d0023418_2235297.jpg


意味が分からない。
鬼龍院!!???  鬼!?

どうやら、夏目雅子さんが昔やった、極道の妻かなんかの役で、
鬼龍院 花子ってのがあって、
ナメたらあかんぜよっていうのが、名文句だったとか。
浜松だから、浜子。

ふーん。


で?

なぜ、極妻!!?
キャラじゃない。私は3歳の姪にも、ナメられちゃう人なのに。

そして、「あかんだに」って、富士市出身の母が、無理をして遠州弁を使っている。
正確に言えば、
「ナメちゃいかんに」もしくは「ナメちゃかんに」 が遠州弁として正解である。

「寝ずに考えたんだから~」という母。
明らかにこの状況を面白がっている。そして、間違いなく、寝てはいる。

冗談で、金曜日、このメモを作詞家のオジサンに渡した。
「面白いお母さんだね、何考えてるんだろうね」って言われた。
もっともなコメントだけど、あなたには言われたくない。笑。

今日その作詞家から「鬼龍院さんですか?」って電話が来た。

またもや、オファーだった。
音頭の公演の。。。。

観客150人。
また市長と。

どうなる私。。。
[PR]
by hal_musica | 2010-09-13 22:03 | LIFE