毎日だらりゆるりな日記デス☆☆


by hal_musica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

秋のおとずれ。

9月になり、朝晩は涼しく、秋の風を感じるようになった。

といっても昼間はまだ暑く、庭のオスセミたちは、しぶとく鳴いている・・・。
(鳴くのはオスだけだと知ってました?)

あいかわらず、早朝のウォーキングを続けている。
5時30分の空気は、昼間よりも澄みわたり、とっても気持ちが良い。

湖の周りを一時間ほどせっせと歩くのだが、その中で、
自然の色合い・季節の花々・匂い・温度・湿度・鳥や虫の鳴き声などで四季を感じることができる。

ウォーキングでは、目・鼻・耳・肌の感覚がいつも以上に冴え渡る感がある。
せっかくだから、ウォーキング中は私は音楽は聴かないことにしている。
自然の音で十分だから。
ちょっと、かっこつけーな発言だが、そう思う。
自然に接することは、一番の感覚機能教育であると思う。
(味覚もあれば、なおよいのに・・・佐鳴湖ではウナギもとれるが、食べる勇気はまだない)。

日本の四季は美しい。
佐鳴湖も秋の風景がチラホラ。

歩いていると・・・なんかいる。
d0023418_1213036.jpg


これは、、、。
かかし!?ちとボケてるけど、ミニーちゃんと、トトロ。まさかのディズニーとジブリの共演。
d0023418_1215483.jpg

地元の保護グループの方が、佐鳴湖西岸での里山活動の一環で、田んぼで米を作っているらしい。
なんと古代米も。
ガールスカウトの子なども、このかかしを作るそうで。

久々にかかしを見た。
うーん長閑だわ。

ちょっと前、歩いている途中、私の事を「スター」と慕う(?)、ご老人グループの一人が、おもむろに近寄り、
木の実を二つ、私に手渡してきた。

手に取る前は、一瞬、クルミかと思った。

私の高校の担任タカキンが、いつもクルミを二つ、手のひらで転がしながら歩いていた。
その不思議な光景の真意を問うと、
「こうやって手を動かすと、ボケ防止になるんだ」と教えてくれた。

ちょっと、待って!!
いくらなんでも、私には「ボケ防止グッズ」まだ必要ない!
っていうか、失礼ですけど・・・
必要なのは、明らかに、そちら様のほうなんじゃ・・・。

と思ったら、触るとクルミではない。
正解は、「栃の実」でした。
秋の季語でもある、栃の実。

「季節を感じるよね~~」と、ご老人の粋なプレゼントだったのだ。

レッスン室に飾ってみた。
d0023418_12219100.jpg


本当は、栃餅とかにすれば、それこそ、味覚も鍛えられちゃって、五感をフルに使うことになるのだけど。
若干、めんどくさく・・・・汗。

なんだか、久しぶりの日記が、
とても、
渋い。
日記まで秋色になっている。。。
内容だけ見れば、20代の気配は・・・無い。

いや、ハジけていきます!
子供のレッスンでは、割と体を張っている。
5人くらい、平気で一気に乗ってくる。ぶら下がっても来る。
人の体、なんだと思ってるんだ!!??
遊具ではなく、まがりなりにも先生だ。
しかもピアノの。
やっぱりイマドキのピアノ講師は、鍛えなければ!

ウォーキングだの登山だのゴルフだの、最近、こんな事ばかり書いている気がする。
なんだか最近キャラ変わったよね!?
・・・って、美容師さんから専らの評判?である。
[PR]
by hal_musica | 2009-09-10 14:28 | LIFE